ガーゴイルゲッコー “ストライプ (再生尾)”

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

GargoyleGeckoStripeBaby01-04.JPGGargoyle Gecko “Stripe (Regenerated Tail)” DEU C.B. Juvnile

クレス (Correlophus ciliatus) だけじゃなく、たまにはガーゴ (Rhacodactylus auriculatus) も。

Twitter (→ リンク) にも書いたんですけど、手持ちの画像に再生尾の個体がいなかったから、イイ個体がいれば買い付けたいなぁって思ってたんですよ。将来的にちゃんとした“ラコダク本”を作る可能性も無きにしも非ずなんで。

したら、コイツが出てきまして

イイでしょ!? 顔や四肢も含めてバッキバキにハイコントラストなパターン、背中の真ん中を縦断するピンストライプ、ブラック&ホワイトに背中だけピンクとなるカラー、そしてヘラオヤモリ (Uroplatus spp.) を彷彿させるロングスナウト (Long Snout:長い吻)。

見た瞬間、ピンと来ました!

GargoyleGeckoStripeBaby01-03.JPGGargoyle Gecko “Stripe (Regenerated Tail)” DEU C.B. Juvnile

海外では「ガーゴのストライプ=顕性」が定説となっていますが、サイドの模様を見るにつけ、コイツは“ヘテロ接合ストライプ”って感じですね (de Vosjoli et al. 2013 他)。

でも、体色のコントラストが強い個体は“ホモ接合ストライプ (スーパーストライプ)”よりも“ヘテロ接合ストライプ”の方が模様の色彩差がより目立つし、バンデッド/レティキュレーテッドと掛ければ、一発目の子供でストライプ、バンデッド/レティキュレーテッド両方が楽しめるってのも、ボク的には“ヘテロ接合ストライプ”の魅力なんですよ。

なので、その辺はコイツにとってアドバンテージになっても、ディスアドバンテージにはならない感じでしょうか。

GargoyleGeckoStripeJuvnile02-02.JPGGargoyle Gecko “Stripe (Regenerated Tail)” DEU C.B. Juvnile

因みに、再生尾はこんな感じ

結構完成度 (?) 高いでしょ。

GargoyleGeckoStripeJuvnile02-01.JPGGargoyle Gecko “Stripe (Regenerated Tail)” DEU C.B. Juvnile

尚、飼育に関しては…まぁ、幼体なんでね、ボクはセッティングにおける紫外線灯の優先度を高めに考えています。昼夜差を演出するための照明も兼ねて、蛍光灯型もしくはスパイラルライト型の2.0 or 5.0を設置推奨ですね。

これはライトの光を浴びに来ようが浴びに来なかろうが関係なく。

感覚としては薄明薄暮型、昼行性と夜行性の真ん中みたいな感じのセッティングにします。

で、餌は各種コオロギやローチなどの餌昆虫に人工飼料を併用かな。というか、ボクは併用しています。しっかり咀嚼させたいってのもありますし。ただ、今はレオパードゲッコー (Eublepharis macularius ) 用も含め、人工飼料も様々なものが販売されていますから、その辺なんかも上手く使ってやれば、人工飼料オンリーでも別に構わないと思います。

そういうのはキーパーさんのスタイルや考え方次第でOKです。

あとは何だ?

あ、レイアウト!

でも、ガーゴはクレスやジャイアント (R. leachianus ) に比べてレイアウトで注意するポイントが少ないから、ご自身が気に入ったアイテムを使って、あとはガーゴの特性を活かす感じで配置を考えて貰えばイイと思います。

チビチビだけど危うい時期は脱している、ちょうど可愛い感じのサイズですので、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。


【参考文献】
De VOSJOLI. P, A. Repashy & F. Fast (2013):GARGOYLE GECKOS. 155pp. Advanced Visions.

SEIPP, R. & F. W. Henkel (2011):Rhacodactylus. Biologie, Haltung und Zucht. 173pp. Edition Chimaira.

他 REPTILES, クリーパーなど多数


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ここ数ヵ月のマスクの流通状況を鑑みまして、可能な限りで構いませんのでご協力をお願い致します。マスクが入手出来ない方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも結構です。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
当店は狭いため、ショップ巡りを主目的とした多人数でのご来店はなるべくご遠慮願います。状況によっては外でお待ちいただく場合もありますコト、ご了承下さい。

この記事へのコメント