2022年1月6日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

それでは新年一発目、1月5日までの新入荷です。年末にご好評いただいた 30% OFFセール10日(月) まで延長となりましたので、リストの隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


【トカゲ】
・クシトゲオイグアナ “パンダパイド” MEX W.C. Subadult ♂
この名前でメキシコから来たチビが育った飼い込み個体です。コイツの他、何頭か育った姿を見ましたけど、パンダパイドじゃなくホワイトブリンドルって呼ぶ方が相応しい個体群/タイプなのかなって。個人的には、これはこれでかなり格好良くて好きです。


【ヤモリ】
・ソメワケササクレヤモリ “アルビノ” DEU C.B. Adult ♂
誤ってザンティックとも呼ばれるソメワケ (Paroedura picta ) の銘モルフ。最近は秋海棠氏が維持しているコーラル血統をメインに扱ってきましたが、久々に普通のアルビノで仕上がった個体が来ました。

・レオパードゲッコー “ブラッドエメリン” USA C.B. Adult ♀
狙いは名前の通り、ブラッドの赤い基調色とエメリンの緑色っぽいパターンが同時に表現されるタンジェリンなんでしょうね。ブラッドはパターンが塗り潰されるほどのベタ赤、エメリンは模様の緑色が特徴的なものの、オレンジの色調が明るくなる。だから、両者を掛けて両方のイイトコ取り…まぁ、何と言うか、“色々と”分かりやすいなぁと (笑)。とりあえず、今回の個体はバックグラウンドが分かる綺麗なタンジェリンだと考えて下さい。あ、あと、ジャイアントとかではないのにデカいです。

・クレステッドゲッコー “ソリッド/レッド” UKR C.B. Adult ♂
レッドはソリッドと言いつつバイカラーが多いんですが、今回の個体は背中への赤の巻き上がりもなかなかで、これならソリッドと呼んでも差し支えないかなと。

・クレステッドゲッコー “フレイム/グリーン&ゴールド” CZE C.B. Adult ♀
パターンはクラシカルな感じのフレイムで、オリーブグリーンの地にゴールドのパターンが乗っかります。

・マモノミカドヤモリ JPN C.B. Baby High Poss. ♂ ※SOLD OUT
ブログアップ前に新しいオーナー様が決まりました。

・マモノミカドヤモリ JPN C.B. Adult ♂ ※SOLD OUT
ブログアップ前に新しいオーナー様が決まりました。

・マモノミカドヤモリ “レッド” DEU C.B. Adult ♂
全身が広く赤色に覆われるタイプ……なんですが、ボクはコイツの本領をなかなか発揮させてやれないみたいで、苦戦しています。でも、ファイアーダウンしていても赤いのは十二分に分かるレベルの個体です。


【ヘビ】
・コーンスネーク “マンダリン” DEU C.B. Subadult ♂
アメラニスティック+カスターニエのコンボであるマンダリンなんですが、今回の個体は非常に特徴的で、ピンク色がかったピーチーなオレンジ色をベースに、ブロッチの周りを蛍光のライムグリーンが囲います。ブロッチの感じなんかを見るとリバースオケーティー絡みなのかもですね。オンリーワンなので、興味のある方はお早めに!

・コーンスネーク “ブリザードストライプ” DEU C.B. Junile ♀ ※SOLD OUT
ブログアップ前に新しいオーナー様が決まりました。

・コーンスネーク “スケールレス” DEU C.B. Juvnile
クリームシクルのブリード過程で出てきた突然変異なので、本来はグレートプレインラットスネーク (Pantherophis emoryi ) との種間交雑なんですが、過去の発見例などを鑑みるに、このスケールレスはコーンスネーク (P. guttatus ) 由来の可能性が非常に高いため、とりあえずはコーンという扱いでもまぁイイのかなと。一応、ボクはバックグラウンドをしっかり説明しますけどね。でも、このキモさ (笑) と色調は唯一無二なので、フリーキーなモノがお好きな方にはオススメです。

ハシゴヘビ DEU C.B. Young ♂
通常の黄土色タイプです。でも、全体に赤みが強く、色の厚みもあり、非常に綺麗な個体だと思います。ヨーロピアンラットの中では体型がバルキーで、顔付きも厳ついので、ブル・ゴファー (Pituophis spp.) が好きな方なんかには堪らないんじゃないでしょうか。

・タイベニナメラ/コックスベニナメラ DEU C.B. Subadult ♂
また買い付けちゃいました (笑)。でも、今回は結構育ったサブアダルトサイズです。勿論、サイドはクリーンで、背中のパラレルストライプも途切れず綺麗に入ってます。

ハイナンライノラットスネーク HKG C.B. Young
昨年Gonyosoma hainanense として記載された海南島のライノラットスネークです (個人的にはやっぱRhynchophis hainanensis なんだよなぁ)。今回は色が変わり始めたヤングサイズ。この大きさだとまだアイラインがあるんですね。既にベトナムライノラット (R…G. boulengeri ) を飼ってる方にもオススメです。両者を並べて違いを比べるなんてのも乙な楽しみ方なんじゃないでしょうか。

ウェスタンホグノーズスネーク “アナコンダ (Poss. Het. アザンティック)” JPN C.B. Subadult ♀
太さが出てきて、メスの魅力・可愛さが発揮され始めたイイ感じのサイズです。Poss.のヘテロでアザンとなってますが、その辺はまぁ「だったらラッキー」くらいのノリで考えて貰えればなと (笑)。


とりあえず、今回は以上です。ここで掲載した個体も勿論、セールの対象となっておりますので、このチャンスをお見逃しなく!30% OFF とかいう狂気の沙汰は当分やりませ……いや、やらせませんから (笑)!!!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年12月26日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

12月25日までの新入荷です。隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


DSC_7998.JPGChinese Beauty Snake “Black Leopard” JPN C.B. ♂


【ヘビ】
・コースタルロージーボア “het. リンバーグアルビノ” CAN C.B. Adult ♂

・コースタルロージーボア “リンバーグアルビノ” CAN C.B. Adult ♂

・タイリクスジオ “het. フルオレセントイエロー” JPN C.B. Baby ペア

・タイリクスジオ “ブラックレオパード” JPN C.B. Baby ♂

・ブラックラットスネーク “ウェストバージニア州” JPN C.B. Baby ♀

・ブラックラットスネーク “hets. アルビノ/アザン” JPN C.B. Baby ♀

・ブラックラットスネーク “アルビノ het. アザン” JPN C.B. Baby ♂/♀

・ブラックラットスネーク “アルビノ (poss. ハイビノ) hets. ハイポ/リコリススティック” JPN C.B. Baby ♂

・ブラックラットスネーク “アルビノラスティ” JPN C.B. Baby ♀

・ブラックラットスネーク “ラベンダーアルビノ (T+アルビノ) ♂/het. ラベンダーアルビノ ♀” JPN C.B. Baby ペア

・ブラックラットスネーク “ハイポメラニスティック” JPN C.B. Baby ♀

・ブラックラットスネーク “ハイポメラニスティック hets. アルビノ/リコリススティック” JPN C.B. ♀

・ブラックラットスネーク “ラスティ (het. ルーシスティック)” JPN C.B. ♂

・ブラックラットスネーク “リコリススティック poss. het. レモンカウサッカー” JPN C.B. ♀

・グリーニッシュラットスネーク “het. ムーンシャイン” JPN C.B. ♂

・グリーニッシュラットスネーク “ムーンシャイン” JPN C.B. ♂


今回はラットスネーク祭りとなっております。華やかなモノから地m…いや、渋いモノまで様々、組み合わせによってはかなり面白いブリードが出来る組み合わせもありますので、その辺もお気軽にご相談下さい。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年12月8日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

12月8日までの新入荷です。隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


【トカゲ】
・ブルーテールモニター IDN W.C. Young ♀
最近はすっかり入荷が減ってしまい、ランチングによるF.H.ベビーが時折流通する程度となってしまったブルーテール (Varanus doreanus )、今回は頭胴長で20㎝±のヤングサイズが入荷しました。それもチョッと面白いタイプ。これはニューギニア島北部の個体群とかなのかなぁ? 四肢や尻尾の青色がやたらと発色豊かで色面も広く、背中のスポットも白ってよりは緑色っぽいんですよ。凄くキレイ。1頭のみの入荷ですので、モニター好きの方はお見逃しなく!


【ヤモリ】
・クレステッドゲッコー “ボールドタイガー/イエロー&ブラック” CZE C.B. Juvnile
これはヤバイです。ボールドタイガーってのはタイガーのバリエーションと思って貰えばイイでしょうか。基本パターンはタイガー。で、ボールド (Bold=太い、際立った) なので、タイガー模様が明色、暗色共にブッ太い。だからボールドタイガー。しかも、色は濃い黄色をベースに黒褐色のパターンっていう、まさに虎。これはデカくなったらカッコイイだろうなぁ。

・クレステッドゲッコー “ピンストライプ/オレンジ&ブラック” CZE C.B. Juvnile
これまた素晴らしい1頭です。なんだろ? なんか不思議な感じの個体で、オレンジの色調、発色なんかはこの間入荷したリリーにそっくりなんですけど、勿論リリーではありません。でも、尻尾はクリーム色のフルカラーで、ホワイトフリンジなんかもバッチシ。とりあえず、めちゃくちゃキレイなピンナーってコトは間違い無いと思います。パターンものがお好きな方は是非!

・キスジイシヤモリ DEU C.B. Juvnile Hi. Poss. ♂
イシヤモリ科 (Family Diplodactylidae) きってのオシャレ番長。全身シックなグレーをベースにブラックスポットが散らばり、そのモノトーンな中に鮮烈な赤い目と尻尾にはオレンジ色のストライプ。もはや芸術品ですよね。人気が出るのもよく分かります。今回の個体はイイ感じにチビっ子サイズなので、可愛さもヤバイ。あ、勿論、基亜種ですよ。


【ヘビ】
・ウォマ DEU C.B. Juvnile ♂/♀
ホワッと明るいメスとダークトーンで締まった印象のオスと、違うベクトルでそれぞれに美しいウォマ (Aspidites ramsayi ) がやってきました。ボクはキング・ミルクスネークの類 (Lampropeltis spp.) が大好きなんですが、ウォマやブラックヘッド (A. melanocephalus ) の質感や体型、そして不思議な体色と模様はナミヘビ好きにも訴えるモノがありますよね。

・スポッテッドパイソン DEU C.B. Junile
最近何かと話題のAntaresia の中から、今回はスポッテッド (A. maculosa ) を買い付けてみました。久々だなぁ、スポッテッド。模様がパッキリしていてスポッテッドの良さがキチンと出てるし、しっかりとピンクのSを呑めるサイズなので、初めてこの類を飼育する方にもオススメです。

・ボールパイソン “パープルパッション” DEU C.B. Baby ♂
最近はファントムポーションって名前の方が馴染みがあるのかな? ファントム×モハベから出てくる、寒色系の白色と紫色がかった上品なグレーが印象的なモルフです。今回の個体はサイドのパターンが著しく退縮し、うなじから尾端までクリーミーなホワイトのラインが途切れずに繋がる、非常に美しい個体です。

・ミズコブラモドキ DEU C.B. Juvnile
ハープタイルホビーではお馴染みの南米大型ナミヘビです。成体はとてもカッコイイし、幼体は目が大きくてカワイイし、非常に魅力的な種なんですが…それなりにホットな後牙類なので、取り扱いには注意して下さい。

・テキサスベアードラットスネーク “Hwy.277 Val Verde Co. TX” JPN C.B. Baby ♂
ウチの代名詞とも言えるHwy.277のベアードラットスネーク (Pantherophis bairdi )です。とは言っても、オリジナルのW.C.は既にいなくなっており、今回入荷したのはその子孫から懇意にしているブリーダー氏が殖やしたF2。まだまだベビーですが、分布域東部の個体群らしく、シルバーがキッチリ発色するであろうコトが既に見て取れます。極々少数の入荷につき、ご希望の方はお急ぎ下さい。

今回は以上でしょうか。

週末にまたヤモリを中心にした入荷もあるんですが、それは改めてというコトで!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年12月1日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

12月1日までの新入荷です。隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


【ヤモリ】
・スミスヤモリ MYS W.C. Adult
トッケイ (Gekko gecko ) とリーブス (G. reevesii ) に続き、大型人気種第3弾は緑色の目が特徴的なスミス (G. smithii ) です。今回来たスミスはどれもホワイトスポットが少なくて、ベースカラーもアーミーなダークグリーンでスッゲェかっこいいです。あ、雌雄はまだちゃんと見てません (笑)。

・オマキホソユビヤモリ MYS W.C. Young & Adult
別名エロークホソユビことCyrtodactylus elok。エロークってのはマレー語で「美しい」とか「素晴らしい」って意味なんですが、その名に相応しいピンクブラウンの体色とプラチナシルバーの目、そして特徴的な尾の巻き方が特徴的なヤモリです。キャット (Aeluroscalabotes felinus ) がお好きな方には刺さるんじゃないかな? 今回は若いペアと、元々パステル調の体色が更に淡いピンクとなった美しい成体♀の入荷……なんですが、その成体♀は少し立ち上げが必要なので、その辺は現物を確認して下さい。


【ヘビ】
・ナイルスナボア USA C.B, Baby ♂ ♀
TOKAR (1995, 1996) もしっかり読んでますけど、趣味の世界ではルフェッセンス (Eryx colubrinusrufescens ” ) も含め、ボクは分けた方が面白いと思うので分けます! 今回はピカピカのC.B.ベビーが入荷しました。

・ケニアスナボア USA C.B. Baby
という訳で、ケニア (Eryx colubrinusloveridgei ” )。今回は1頭のみの入荷ですが、最近のトレンドとは逆行する黒がちのかなりカッコイイ個体です。これは面白いし、こういう方向性のセレクトブリードも“有り”かもしれませんね。

・コーンスネーク “キャンディケイン” USA C.B. Baby ♂
前回は国内C.B.のマイアミとマイアミアネリを買い付けましたが、今回はアメリカC.B.のマイアミアメラ、キャンディケインが入荷いたしました。しかも、マイアミやマイアミアネリとペア組みが可能なオス! オスなのに首元なんかの“焼け”が無く、バキッとした赤白なのも素晴らしい!!!

・カリフォルニアキングスネーク “アルビノバナナ” USA C.B. Baby
これこそスクリーマー! 今まで数多のバナナ&ハイホワイトを扱ってきましたけど、コイツは確実にベスト3に入ります。そこまでの個体です。ボクが欲しい(笑)。

・シナロアミルクスネーク “スプロッチド” USA C.B. Baby
久々にイイ感じにキモイ個体が2頭きました。今回の2頭は模様が綺麗なスポット調なのも特徴です。


【カメ】
・コーカサスギリシャリクガメ C.B. Baby
いわゆるイベラギリシャことTestudo graeca ibera。少し前からキッチリ亜種分けされて流通するようになりましたが、特にここ最近来るようになった個体はホントに特徴的で綺麗になりました。今回はその中でもいかにもコーカサスらしい色と柄の個体をピックアップしてきました。


【その他】
※以下の生体につきましては夜刀神での扱いとなります
・クラウンウェルツノガエル “アプリコット” C.B. Small
アプリコットの名前の通り、ピーチーなオレンジと赤色が可愛いアルビノです。人工飼料も食べてます。

・クラウンウェルツノガエル “グリーン4スポット” C.B. Small
緑色ベースに左右2つずつ、2×2で4つのスポットがシンメトリックに入るグリーン4スポット。今回の個体はパターンレスのフルグリーンに近い、ファンシーなライトグリーンパックマンです。

・ホオコケツノガエル C.B. Small
顔先がシュッと細くなるのが特徴なのかな? コンパクトで可愛いツノガエルです。

・カーティンガツノガエル C.B. Baby
カーティンガ (Caatinga) ってのはこの種の棲むエリアを示す言葉で、環境/植生にその地域独自の特徴が見られます。とは言え、本種の飼育は他のツノガエルと大差無く、今回の個体も既に人工飼料を口にしています。

・ブラジルツノガエル C.B. Small
ダークブラウン系のカッコイイ個体です。金属光沢もあって重厚な印象もあります。

・コスタリカンゼブラレッグタランチュラ
シックで上品な印象のタランチュラです。タランチュラ飼育の楽しさが分かりやすく味わえるのも本種の魅力でしょうか。

・グリーンボトルブルータランチュラ
タランチュラの中ではポピュラーでスタンダードな種ですけど、冷静に見るとかなり綺麗で素晴らしいクモですよね。チビん時の模様も特徴的だし、ホントにいいクモだと思います。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年11月25日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

11月25日までの新入荷です。今回はこの時期ならでは、国内C.B.のナミヘビがズラッと並んでおります。隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


【トカゲ】
・ノドジロオオトカゲ “ケープバンデッド ” ZAF F.H. Juvnile ♀
やっぱモニター (Varanus spp.) ってえと、インドネシアを中心とした東南アジアのモノが大好物なんですが、アフリカのナイルオオトカゲ亜属 (Subgenus Polydaedalus )連中はまた別味だったりするんですよねぇ。なので、コイツらを見る目も自ずと厳しくなってしまうんですが、今回のケープバンデッドもしっかりと“ケープバンデッドとしての”特徴が出た、なかなかに納得のいく一頭を買い付けるコトが出来ました。大きさも小さ過ぎず大き過ぎず、飼い始めるには丁度イイ感じです。


【ヘビ】
・コーンスネーク “ノーマル hets. アメラニスティック/ストライプ” JPN C.B. Baby ♂ ♀

・コーンスネーク “ノーマル het. カスターニエ” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “ノーマル hets. キャラメル/サンキスト” JPN C.B. Baby ♂
これはかなりイイ! キャラメルってヘテロでも何とな~く影響が見て取れるんですが、それがイイ具合に作用して、黄色みを帯びた不思議なオレンジ色になっています。ブロッチの形も整っていて、綺麗なノーマルが欲しい方にはうってつけだと思います。勿論、ハニー (キャラメル+サンキスト) の相方としても言うコト無し。

・コーンスネーク “オケーティー” JPN C.B. Baby ♂ ♀

・コーンスネーク “オケーティー (セレクト)” JPN C.B. Baby ♂ ♀

・コーンスネーク “オケーティー het. サンキスト” JPN C.B. Baby ♂ ♀

・コーンスネーク “オケーティー het. サンキスト (セレクト)” JPN C.B. Baby ♀
今回はアボッツ (※ブログアップ前に売り切れ) を始め、様々なタイプのオケーティーが入荷したんですが、中でもこの個体は際立ってますね。まだまだベビーなんですけど、こってりとしたオレンジ色の発色が頸部を中心に発色して、ブロッチは黒の中にドスい赤色。成長に伴ってオレンジ色ベースに太い黒に囲まれた赤いブロッチが並ぶ、派手なオケーティーになるんじゃないでしょうか。

・コーンスネーク “ハイポオケーティー het. サンキスト” JPN C.B. Baby ♂
サンキスト (ハイポ Type-B) やラヴァ (ハイポ Type-C) のようにオケーティーやオケーティーのオリジンであるサウスカロライナ州ジャスパー郡に由来するハイポメラニスティックではなく、オケーティーとの交配によりその特徴が強く出たハイポメラニスティック (ハイポ Type-A)。成体になると爽やかなオレンジの基調色に朱色のブロッチが並び、そのブロッチを灰色がかった一段褪せたような黒色が途切れ途切れに囲みます。

・コーンスネーク “マイアミフェイズ het. アメラニスティック” JPN C.B. Baby ♀

・コーンスネーク “マイアミフェイズアネリスリスティック het. アメラニスティック” JPN C.B. Baby ♀
コイツもハイポオケーティー同様、マイアミフェイズの特徴が強く出たアネリスリスティック。まぁ、元々マイアミフェイズが産地モノじゃなく、特定の形質を顕著にするよう選択交配したモノなので (だからマイアミじゃなく、マイアミ“フェイズ”なんです)、そのアネリバージョンといった所でしょうか。ベースとパターンとのコントラストが強く、成長しても喉元に黄色が発色しづらいため、モノトーン好きには堪らないと思います。

・コーンスネーク “ブラッドレッド hets. アネリスリスティック/ハイポメラニスティック/ラヴァ” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “ブラッドレッド hets. アネリスリスティック/ハイポメラニスティック/ラヴァ (セレクト)” JPN C.B. Baby ♂
今回のブラッドレッドはセレクトもノンセレクトもサイドがしっかり“溶けて”いて、将来的にはかなりソリッドな赤色になりそうです。じゃあ、何が違いなのかって言いますと、それはズバリ赤色の色調。セレクト個体は既にしっとりとした深い赤色を呈しています。

・コーンスネーク “ハイポブラッドレッド het. ラベンダー” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “ピューター” JPN C.B. Baby ♀

・コーンスネーク “ストライプ hets. サンキスト/ハイポメラニスティック” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “カスターニエ” JPN C.B. Baby ♂ ♀

・コーンスネーク “カスターニエ (セレクト)” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “マンダリン” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “アンバー (セレクト)” JPN C.B. Baby ♂
今回の隠れた目玉。非常に爽やかな発色をしたアンバーで、黄色みの強い透明感のある明る~いライトブラウンへと成長しそうです。黄色系のコーン (Pantherophis guttatus ) が好きな方には堪らないハズ!

・コーンスネーク “ランドレースクロスドラヴァ” JPN C.B. Baby ♂ ♀
そして、コチラがド直球の目玉!!! Twitter (→ リンク ) にも書いたように、ランドレースラヴァなんてJoe Pierce氏が第一線を退いてから全く聞かなくなっちゃいましたからね。お店にはUSA C.B.のラヴァもいるんですが、両者を比較すると違いは一目瞭然。ランドレースクロスの方はラヴァという品種名が付く以前の「トランスピアレントハイポ」の名前の通り、透明感のある繊細なスカーレットが非常に印象的なんです。派手好きな方には、赤さに着目してピックアップしたUSA C.B.のラヴァの方が目を惹くかもしれないですけどね(笑)。

・コーンスネーク “アメラニスティック” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “アメラニスティック het. カスターニエ” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “ジグザグアメラニスティック (セレクト)” JPN C.B. Baby ♂
うなじから尻尾に掛けて綺麗にストライプが繋がった完成度の高いジグザグ。しかもアメラニスティックなので、かなりポップでインパクトある姿になりそうです。

・コーンスネーク “ブリザード” JPN C.B. Baby ♂

・コーンスネーク “カスターニエブリザード” JPN C.B. Baby ♂

・ブラックラットスネーク “バージニア州ヨーク郡 × ノースカロライナ州モンゴメリー郡” JPN C.B. Baby ♂ ♀

・ブラックラットスネーク “バージニア州ヨーク郡 × ノースカロライナ州モンゴメリー郡” JPN C.B. Adult ♂
コイツラのメス親であるモンゴメリーは長い間このブログを見て下さってる方にはお馴染みの、“あの”モンゴメリーです (→ コチラ )。もうそれだけで黒くなりそうでしょ!? 今回は今年ハッチのベビー (レギュラー&セレクト) と結果の出たアダルトが入荷しています。ブログで紹介する前にセレクトのベビーは全て新しいオーナー様が決まりましたが、まだレギュラーベビーのペアとアダルトは残っているので、興味のある方は早めにお問い合わせを!

・ブラックラットスネーク “ルーシスティック” USA C.B. ♂ ♀


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年11月11日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

PilbaraKnobTailedGeckoMale01-01.JPGPilbara Knob Tailed Gecko DEU C.B. ♂

11月11日までの新入荷です。隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply@kbd.biglobe.ne.jp ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


【トカゲ】
・メラウケアオジタトカゲ (?) IDN F.H. Baby
チビチビの可愛いサイズ……なんですが、2頭ともメラウケ (Tiliqua gigas evanescens ) なのかなぁ? 1頭はアンボン (T. g. gigas ) に見えるんだよなぁ。まぁ、その辺は実際に見てみて下さい。今回は柄と色に特徴のある2頭が来てます。

・レッドテグー ARG F.H. Juvnile
赤色が綺麗に発色したヤング一歩手前の個体がやってきました。鼻っ柱に古傷の痕がありますけど、あんま目立たないので、そこまで気にならないと思います。

・フトアゴヒゲトカゲ “レッド/ハイポレッド” HKG C.B. Junile
ハイポとノンハイポのレッドがいます。深い赤からシャキッとした朱色まで、お好きな個体を選んで下さい。ハッチしたてのベビーではなく少し育った安心サイズなので、これからの時期でも安心して飼育を楽しんで貰えるハズです。

・フトアゴヒゲトカゲ “ハイポゼロ” HKG C.B. Juvnile
やっぱ綺麗ですわ、ゼロ。コイツラの魅力はアレコレ書かなくても、見て貰えば分かるんじゃないかなと。チョッと“クセ”のある品種ですけど、この大きさからならそこまで構えなくてもイイと思います。


PilbaraKnobTailedGeckoFemale01-01.JPGPilbara Knob Tailed Gecko DEU C.B. ♀

【ヤモリ】
・トッケイヤモリ “パイドキャンディボタン” IDN W.C. Adult ♂
これはスゴイ! 水色の地に疣状突起だけが赤くなるミューテーションのキャンディボタン。そのキャンディボタンにブルーベリーやアネリスリスティックと似た色調のインディゴブルーのパイド斑が入る、一粒で二度美味しい綺麗で不思議な個体です。こういうのは出会った時に入手していただかないと、次があるか分かりませんからね。

・トッケイヤモリ “グレーゴースト” IDN W.C. Adult ♀
コイツは…何だろ? とっても不思議な色をした個体です。基調色はグレーベースなんだけどスポットの赤色は残ってて、虹彩はグリーンって、こんなの初めて見ました。たま~に水色が発色するのも、これまた不思議。

・トッケイヤモリ “オレンジハイスポット” IDN W.C. Subadult ♀
レッド系のハイスポットは過去に何頭か扱ったコトもあるんですが、スポットがオレンジ色になる個体群のハイスポットは初めて……って、コイツは既に新しいオーナー様の下へ。

・クレステッドゲッコー “リリーホワイトピンストライプ” DEU C.B. Junile ♂
ピンストライプベースのリリーホワイトです。カラーは現状だとオレンジ&グレーって感じでしょうか。リリー独特の白色の面積はそこまででも無いんですけど、頭部から背面にかけて発色するオレンジが蛍光感のある不思議な色調になってまして…これ、確実にリリーの影響なんでしょうね。グレーもブルーがかって凄く綺麗なんですよ。あと、背中がソリッドバック半歩手前ってくらいベッタリと発色してるのも特徴でしょうか。

・ナイリクナメハダタマオヤモリ DEU C.B. Young Pr.
へぇぇ、和名ってこうなんだ。分かりやすくいうとレビレビこと、Nephrurus levis levis です。赤みの強いベースに砂糖を振りかけたようなホワイトスポットが散って、かなり綺麗なペアが来ました。

・ピルバラナメハダタマオヤモリ DEU C.B. Young Pr.
で、こっちはN. l. pilbarensis。色と模様にかなりバリエーションが見られる亜種なんですけど、今回来た個体はピンク系で、オスは典型的な感じ、メスはストライプフェイズとまではいかないものの、柄が流れた少し風変りな感じです。


【ヘビ】
・タイベニナメラ DEU C.B. Baby ♀
何故かは知らないんですけど、ウチはコックス (Oreocryptophis porphyraceus coxi ) がやたらと人気なんですよねぇ。勿論、ボクが綺麗だと思う個体を選んではいるんですが、それにしたって毎回他のヘビとは別格の反響をいただくので、ボクも西川君もチョッとビックリしています。今回も綺麗な個体が2頭来てて、しかも両方ともメスっていう。メス単体を選んで入手できるチャンスもなかなかないですから、お探しの方はこの機会をお見逃しなく!

・スカーレットキングスネーク USA W.C. Subadult Pr.
ちょ~~~久々! ホントに久々にスカキン (Lampropeltis elapsoides ) 触りました。今じゃスッカリ入手が難しい…とまではいかなくとも、簡単ではないヘビになっちゃいましたからねぇ。しかも、今回はペアで来ていて、大きさもイイ感じっていう。コイツラも探している方は多いんじゃないのかな?早い者勝ちってコトで、よろしくお願いいたします。


【カメ】
・ガルフコーストハコガメ “イエロー/オレンジ” JPN C.B. Baby
ウチの一推しアメハコであるガルフ (Terrapene carolina major )、イエローはそん中でも更に一推しのタイプだったりします。ボクがブリードしてたのもイエローですし……って、長い間このブログを見ていただいてる方には言うまでも無いですね。今回はブリーダー氏がこだわって集めた種親から殖やされたイエロー~オレンジのベビー達です。どれもオス親は一緒のハーフシブリングで、メス親の違いでイエローの発色が強いモノ、オレンジ色の発色が強いモノに分かれています。お好きな方をお選び下さい。

・ミスジドロガメ “明色血統” JPN C.B. Baby
明るく“抜ける”ミスジ (Kinosternon bauri ) にこだわるブリーダー氏から買い付けたベビー達です。流石、種親からキッチリこだわって選別しているだけあって、ベビー達も小さいながらその片鱗がしっかり出ています。

・キタシロクチドロガメ “H.L.B.クロス” JPN C.B. Baby
こ・れ・は・ス・ゴ・イ! H.L.B.が使われたC.B.なんて初めて見ました。そして、その親のH.L.B.は以前ウチで扱ったコイツ。今でも結構黒っぽいんですが、こっからどんな風に成長していくのか、これは楽しみです。

・ミナミシロクチドロガメ “ゴールデンヘッド” JPN C.B. Baby
以前扱った個体の画像がコチラ。スゴイでしょ!? 今回の個体もこの時のヤツに負けず劣らず黄色いですよ。因みに、コイツラの親も過去にウチが扱ったスペシャルな個体達です。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年10月29日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

昨日ひさびさの新着紹介記事をアップしたばっかなんですが、本日も買い付けに行ってきたので、新入荷の生体を紹介いたします。少数ながらも中々に面白いラインナップです。隅々までご覧いただき、気になる生体についてはお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply@kbd.biglobe.ne.jp ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitterのアカウントをお持ちのお客様はTwitterのDM ( → コチラ ) でも対応可能です。尚、お問い合わせの際は本文の下にある諸注意を必ずご確認いただくよう、お願い申し上げます。

略称と成長段階・大きさの表記について
略称
W.C.:Wild Caught = 野生採集
C.B.:Captive Bred = 飼育下繁殖
C.H.:Captive Hatched = 飼育下孵化 (胎生種も含む)
F.H.:Farm Hatched = 飼養施設下孵化 (胎生種も含む)
成長段階
Baby → Juvnile → Young → Subadult → Adult


【ヤモリ】
・マツゲイシヤモリ DEU C.B. Young
前回は立派なオスのアダルトでしたが、今回は全長で100mmもないヤングが2頭入荷いたしました。尻尾基部の感じを見ると、ほぼペアで間違いないんじゃないかと思います。可愛いサイズで色も綺麗な個体達です。


【ヘビ】 ※性別は後ほど追記いたします。

・ボールパイソン “ラベンダー” DEU C.B. Juvnile
ジューシーなオレンジ色とほんのり紫がかった白色がメチャクチャ綺麗な個体がきました。パターンには穴が開かず、大柄なリデュースド調なのも目を惹きます。ベーシックモルフだからこそ、色と柄にはこだわりたいじゃないですか。そういった意味では、今回のラベンダーはかなり満足できるんじゃないかなと。

・ボールパイソン “レオパードバニラクリーム” DEU C.B. Juvnile
レオパード+バニラ+ファイア。クリーム色のモルフが好きなんで、バニラもファイアも、そして両者のコンボであるバニラクリームも大好きなんですが、レオパードが入るとまた面白い化学反応をするんですねぇ。パッと見、ボールパイソン (Python regius ) っぽくないもんなぁ。しかし、この頭の禿げ方と目の横のラインの消えっぷり…バニラこれ、単なるヘテロ接合なの?

チモールパイソン IDN W.C. Juvnile
チモールと言いつつチモール島にはほぼ確実に分布していないでお馴染み (笑)、チモールパイソン (Malayopython timoriensis) です。元々、入る時には入るけどコンスタントには出回らないって種だったんですが、ここ数年は更に姿を見る機会が減りましたね。今回はまだまだあどけなさが残るチビッ子サイズでの入荷ですので、探していた方はお早めに!

・パラグアイレインボーボア DEU C.B. Baby Pr.
キターーー! もう最っ高です!!! 元々、ボクはエピックだとアルゼンチン (Epicrates alvarezi ) 至上主義なんで、当然近しいパラグアイも大好物だったりします。幼体のエグさもカッコイイんですが、コイツラは是非ともアダルトになった時の姿を見て欲しい。上品な色と特徴的な模様は堪らないですよ。しかも、今回はペア揃います。

・タイベニナメラ/コックスベニナメラ NLD C.B. Juvnile
何故かウチでは人気の高いコクシー (Oreocryptophis porphyraceus coxi )。いやまぁ、綺麗で印象的なヘビだから、人気が出て当然っちゃあ当然なんですけどね。今回も赤色が鮮烈で、黒いパラレルラインが繋がらずにビシッと走る個体をピックアップしてきました。

・アリゾナマウンテンキングスネーク “Chris Baubel Line サンタ・リタマウンテン” DEU C.B. Baby
最近チラホラとアップルゲートスペシャルパイロが入ってきてるみたいなんで、ウチはそこを微妙に外して (笑)、クリス バウベル氏オリジンのサンタ・リタマウンテンを入れてみました。“パイロ感”を残しつつ、紅白に僅かに入る黒の差し色が素敵ですよね。因みに、アップルゲートもサンタ・リタマウンテンも日本ではハイポメラニスティックにカテゴライズされるようですが、ボクは欧米に倣ってハイポではなく、黒色の発色面積が著しく制限されるリデュースドブラックだと考えています。

・カリフォルニアレッドサイドガータースネーク “Marine Co., CA” Baby Pr.
ネオンブルーに代表される、ブルーがきっちりと発色するカリフォルニア州マリーン郡オリジンのペア。今回はオスが黒地にバキッとレッド&ブルーのシンプルに綺麗な個体で、メスがチョッと変わった、セミメラニスティックのような体色をしている個体です。なんか、全体的に黒みが強く、所々にスプレーで吹いたような黒が発色していて、不思議な印象をしてるんですよねぇ。

とりあえず、今回は以上です。

前回、今回とヘビが多めとなっておりますので、ヘビ好きの方はこの土日に是非お店へ足を運んで下さい。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はお電話 ( 03-6382-5949 ) またはメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお気軽にお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。