アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はーぷさぷらい徒然日記
ブログ紹介
作る作ると言いつつ、全く製作が進まないホームページ代わりという訳でもありませんが、皆さんにいち早く情報をお届けできるようにと開設したブログです。新着情報から日々の出来事まで、色々と紹介していきます!
help RSS

キイロドロガメ “テキサス”

2014/09/27 22:14
画像
Yellow Mud Turtle “Texas” Japan C.B. Baby

マメっ子(笑)

今年もやって参りました、キイロドロガメ(Kinosternon flavescens)のチビチビベビー。

去年のヤツはテキサスのW.C.同士から取ったベビーでしたが、今年のはW.C.同士から取ったC.B.第1世代にW.C.を掛けたモノです。

あ、血筋はどれもバラバラ…というか、ブリーダーも違いますけどね。

でも、オリジンは全てテキサス産ですし(というか、ソコにはこだわりましたw)、親が親なんで大きくなったら相当綺麗なオリーブ色になると思いますよ。

しかも今なら、選り取り見取りっていう!

…まぁ

個体差なんてまだ出てませんけどね。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック / コメント


おぉ、スゲェ

2014/09/26 22:02
画像
Corn Snake “Sunkissed Charcoal” E.U. C.B. ♂

前にも載せなおしたサンキストチャコールですが、脱皮したら凄まじいコトになったんで、再々度登場願いました。

いや、前からパステル調が綺麗だなぁと思ってはいたんですけど、ここまで紫色が出てくるとは…チョッと想定外でしたね。本来は重厚感のあるシルバーって印象のコンボなのに、コイツはポワ〜ンとした紫色が全身に発色して、かなりファンシーに見えますもん。

大きさ的にまだまだ“抜けて”いきますからねぇ、最終的にはどうなっちゃうんだろ?


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック / コメント


ガルフコーストハコガメ “ブラック×オレンジ”

2014/09/24 22:21
画像
Gulf Coast Box Turtle “Black×Orange” Japan C.B. Baby

お待たせいたしました、それでは画像をアップいたします。

いや、告知を出した後のアクセス数の増加にチョッとビビりました(笑)。イベント前のこれくらいの時期になると今年生まれのベビー達が流通し始めて、色んなお店の入荷に顔を並べるじゃないですか。だから、こんな辺境のブログにそんな反響もないかなぁ〜なんて思ってたら……う〜ん、コレはコイツラの魅力の為せる業なのか、それとも前にクリーパー誌でアメハコについて書かせてもらったので、その効果なのか、どちらにせよ嬉しい誤算ですね。

特にガルフコースト(Terrapene carolina major)はアメハコ(Terrapene spp.)ん中でもトップクラスに好きな連中なので、尚更です。

画像
Gulf Coast Box Turtle “Black×Orange” Japan C.B. Baby

ヤンチャ坊主(笑)。

もう、顔がイタズラっ子の表情ですもんね。

大人んなった時の厳つさも堪らないものがありますけど、チビん時限定のこの表情もキュンキュンきます。動きなんかも、やっぱチビん時から手足長い感じなんすかね、ポコッポコッってよりはテトテトした感じ(…って、分かりづらいかな!?)で、カワイイんですよ。

画像
Gulf Coast Box Turtle “Black×Orange” Japan C.B. Baby

で、ガルフってえと、複数の系統があるとクリーパーに書きましたが、コイツラはボクと同じくガルフ好きのブリーダー氏が親の組み合わせをキッチリと考えて取った子供なので、画像を見てもらえれば、コレでもかってくらいガルフなのは分かってもらえますよね!?

背甲の形状、四肢や顔の模様、もちろん後肢の爪の数、どこからどう見てもしっかりガルフしています!

組み合わせた親のタイプはタイトルにある通りブラック×オレンジなんですが、コイツ自体の体色から察するに、大きくなるにつれて背甲はブラウンっぽくなっていくんじゃないかと思います。このブリーダー氏のガルフは毎回見事に化ける個体が出るので、コイツも楽しみです。

顎の下や前肢なんかにも綺麗にオレンジのラインが出てたりするんで、コレは期待してもイイんじゃないかなと。

あ、入荷はこの個体も含めて、2頭のみとなっていますので、いつも通り、早い者勝ちでよろしくお願いいたします。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


速報その5

2014/09/22 22:43
ブリーダー氏にセレクトしてもらったガルフコーストハコガメ(Terrapene carolina major)のチビっ子が入荷いたしました…ってか、他にトウブ(T. c. carolina)とミツユビ(T. mexicana triunguis)もいるんですけど、ソイツラは只今餌付け真っ最中なので、とりあえず人工に餌付いてるガルフを販売にまわします!

血統はソリッド系のブラック×オレンジなので、チッコイくせにコレでもかってくらい“ガルフ”してます。

画像は明日にでも撮影してアップいたしますが、興味のある方はお早目にお問い合わせ、または御来店下さい。尚、明日は休日なので14:00〜20:00での営業です。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック / コメント


コーンスネーク “アボッツオケーティ”

2014/09/21 20:35
画像
Corn Snake “Abott's Okeetee” Japan C.B. ♂

なんか、コーンスネーク(Pantherophis guttatus)ばっかですいませんね。

でも、やっぱし目を惹くんですよ。

ホント、一番ポピュラーなだけに、一番厄介というか、こだわり始めちゃうとアレもコレもってなっちゃうのが“コーン沼”の恐ろしい所だよなぁ…。ナミヘビ自体が膨大な種類数とバリエーションを誇る“沼”なのに、コーンはその中でも際立って深いっていう。最近はローカリティものをやるブリーダーも増えてきて、中にはキーズコーン(P. g. “rosaceus”)をアッパーキーズも含めた島ごと(キーズコーンに関しては拙著をご覧ください)に殖やしてる素晴らしきキ○○イもいたりしますからねぇ。

恐ろしや…。

で、今日はマイアミ連投も一区切りにして、ローカリティモルフのもう一方の雄、オケーティを紹介します…って、もうこのブログでも散々っぱら書いてきたんで、改めて言うコトもないかなぁ。まぁ、個体に関しては、ハッチ数ヵ月にして基調色は既にこのオレンジですよってコトくらいか。

あ、そうそう!

去年からブリーダー氏は親の組み合わせを変えたんですけど、そしたらコイツみたいにブロッチの間隔が密で、数も非常に多い個体が産まれるようになったんですよ。大きくなってどんな感じに仕上がるかはまだチョッと分かんないんですが、アボッツのあの色の感じで、この模様の並びだったら結構面白いかも。

でもコレ、サンキストにブッこ…いや、ダメダメ、自分から進んで深くまでダイブしちゃダメ!

ボクの役目はあくまでも皆さんを沼につき落とすコトですからね。

色み的にはコーラルゴー……だからダメだって!!!


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック / コメント


コーンスネーク “マイアミピンストライプドモトリー”

2014/09/15 20:38
画像
Corn Snake “Miami Pinstriped Motley (Hets. for Amel./Hypo-A)” Japan C.B. ♂

とどめ!

マイアミフェイズのピンストモトリー!!!

コレはねぇ、個人的にもどうなるか楽しみだから、無理くり売らなくてもイイかなぁ〜っていうレベルです。単純にピンストモトリーとしても完成度高いですし。

多分、海外の情報なんかも積極的に取り込んでる方や、ご自身で「作り込みモノ」やられてる方なら、コイツの価値を分かっていただけるんじゃないかと思います。

という訳で、こういう個体の価値と良さを理解していただける方のお問い合わせをお待ちしております。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック / コメント


コーンスネーク “アネリスリスティックマイアミフェイズ”

2014/09/13 21:22
画像
Corn Snake “Anerythristic Miami Phase (Hets. for Amel./Hypo-A)” Japan C.B. ♂

というコトで、実はシブでアネリスリスティックのオスがいたりするんです。

つ・ま・り!

交配第2世代(コイツラの親から数えると第3世代)で「マイアミゴースト」、「ハイポキャンディケイン」が出るのは勿論、全部の因子がホモ接合になると「ハイビノスノーマイアミ」まで狙える…

って、それ綺麗なのかな?

色調の違う白×白の2色だけになっちゃうってなんてコトは…

ま…まぁ、その辺は作ってみてのお楽しみってヤツですね。

でも、個人的には、このアネリマイアミを作り込む方に興味があったり(笑)。

画像
Corn Snake “Anerythristic Miami Phase (Hets. for Amel./Hypo-A)” Japan C.B. ♂

このシャキッとしたコントラスト見るとね。

そりゃ、大きくなると、ここまでのパキッと感はなくなりますが、そこはベースがマイアミですから、基調色のグレーな感じはそのままに、シックなアネリになるんじゃないでしょうか。

そして、コイツもパターンがモトリーっぽいっていう。

ってか、ブロッチが綺麗にスクエアになって、しかもかなり整っているんで、昨日のマイアミよりも、よりモトリーっぽく見えるでしょ!?

やっぱし、お腹のチェッカー模様は疎らなんですよねぇ。

面白い!


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]