アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はーぷさぷらい徒然日記
ブログ紹介
作る作ると言いつつ、全く製作が進まないホームページ代わりという訳でもありませんが、皆さんにいち早く情報をお届けできるようにと開設したブログです。新着情報から日々の出来事まで、色々と紹介していきます!
zoom RSS

シルバーウィークのスケジュール

2016/09/27 00:00
9/26 (月)まで、この記事がトップにきますので、新着記事は以下をご覧下さい。


【お客様各位】

シルバーウィーク期間中の営業は次の通りです。

9/17 (土) 15:00〜22:00

9/18 (日) 14:00〜20:00

9/19 (月) 17:00〜20:00 ※短縮営業

9/20 (火) 15:00〜22:00

9/21 (水) 15:00〜22:00

9/22 (木) 14:00〜20:00 ※祝祭日営業

9/23 (金) 17:00〜22:00 ※短縮営業

9/24 (土) 15:00〜22:00

9/25 (日) 14:00〜20:00

9/26 (月) 振替休業

若干、営業時間が不規則となる日がありますので、ご注意下さい。また、本来なら定休日となる9月22日(木)も祝祭日のため、休日スケジュールにて営業いたします。


Herp. Supply
Go!! Suzuki
記事へトラックバック / コメント


今日も

2016/09/23 22:37
画像
Chinese Bamboo Rat Snake “Cherry Picked Red Stripes Specimen” E.U. C.B. ♀

こんな感じでご勘弁を…。

なんかね、文章を考える頭にならないもんで。

あ、これは“負け”じゃないですよ。テメーでブリードを考えた時の種親にC.B.を選んだってんなら、それは完全なる敗北(笑)ですけど、コイツは販売用ですから。でも、個体としてここまで綺麗だと、W.C.だぁC.B.だぁなんてのは些末な問題なのかもしれませんね。どうすか? 本来なら背面のストライプは黒色ベースとなるハズなのに、コイツは尻尾の基部近くまで、こんな感じで黒色の入らない赤色のみになってるんです!

…って、相変わらず比較用の普通の個体がいないのがアレですけど。

でも、単純に「綺麗だなぁ」ってのは共感いただけますよね!?

しかも、似たような感じでペアになってるっていう。

これ、子供取ったら絶対綺麗だろうなぁ。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 3


とりあえず1枚

2016/09/20 22:17
画像
Western Hognose Snake “Axanthic” U.S.A. C.B. ♀

ペタッと貼っておきます。

紫がかった不透明な白色のベースと、淡いシルバーグレーのパターンが素敵でしょ!?

他にも、ウチっぽいもの、全然ウチっぽくないもの(いや、自分でもビックリですよ…)など、いくつか面白い個体が入荷してますので、お時間の取れる方は是非遊びに来て下さい!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


カブトニオイガメ “ホワイト”

2016/09/17 22:08
画像
Razor Back Musk Turtle “White” U.S.A. C.B. Baby

コイツこそ、アザンティックの前に紹介してやれよって話ですよね、カブトニオイガメ(Sternotherus carinatus )のホワイト。

いやぁ、確かにその通りなんですけど、コイツはアザンティックが一瞬でいなくなり、その余韻が一段落した頃にポロッと入ってきたんで、この順番は致し方無しなんですよ。でも、コイツはコイツでまた別味だから、それはそれとして見ていただければな……って、苦しいかな?

しかも白いのって、結構前になりますけど、一度紹介してますしねぇ。

う〜ん…

画像
Razor Back Musk Turtle “White” U.S.A. C.B. Baby

って、いやいやいや

せっかくの素晴らしい個体なのに、ネガキャンしてどうすんだ!って話ですよ。

逆に、白色の違いを比較できるから、これはこれで結果オーライでしょ。だって、皮膚の色を見て下さい。先の記事で紹介したアザンがグレー〜ブルー調の寒色系の白だとしたら、コイツはイエロー〜オレンジ調でクリーミーな暖色系の白なの、分かりますよね!? 2頭ともチビなので、皮膚の透け感が強いかもですが、大きくなったら全然違う感じの“白色”になると思いますよ。

水ん中で見ると、今回のホワイトは画像より更に白いですし。

という訳で、今回も1頭のみの入荷ですので、ここ数ヵ月のカッティングエッジ級レイザー争奪戦に敗れた方々は今回こそ頑張って下さい。

と、ここまで書いて、ふと思ったんですが!

コイツとアザン掛けたら、F2世代とかどうなっちゃうんですかね?


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


オルナータナイルモニター

2016/09/13 22:49
画像
Ornate Nile Monitor F.H. Baby

なんとかかんとか撮影出来ました…。

いや、大変なんすよ、一人でモニター(Varanus spp.)撮影するのって。実際、コイツもこのショットの直後、猛ダッシュかまして逃げてますからね。持って撮影するならチビは簡単なんですけど、それだけじゃイヤなんでしょ、皆さん(笑)? サバンナ(V. exanthematicus )ん時なんかも、「せっかくキレイなんだからさぁ」って言われましたし。

という訳で、今回は少し気合入れました。

しかし、本っっっ当にイイモニターっすねぇ、コイツラ。

手を入れると噛む、捕まえると噛む、放そうとすると噛む狂犬ナイル(V. niloticus f. niloticus )とは大違い!

そりゃ、チビだからパタパタするし、テンパれば噛む素振りは見せるけど、そんなのチビッ子モニターだったら当たり前。ペットモニター筆頭のサバンナやイエローヘッド(V. melinus )だって、チビん時はそういう個体が普通にいますからね。実際、今店にいるサバンナでも、1頭スゴイのいますし。でも、コイツはこちら側がちゃんと扱ってやれば、それにキッチリ応えてくれるし、チビん時でこうだったら、しっかり手を掛けてやればドッグテーム(Dog Tame: 犬みたいに“人に扱われるコトに”馴れた)モニターにするのも難しくないんじゃないかな。

画像
Ornate Nile Monitor F.H. Baby

背面の色柄が綺麗な種は多いですけど、ナイル(V. niloticus)はお腹もこうですからね。

どうです?この綺麗な虎柄!

ただ…やっぱねぇ、大きさがねぇ、手放しでオススメ出来るレベルじゃないんだよなぁ。

この辺に関しては、関係各所それぞれ言いたいコトもあるでしょうが、大きくなるモンは大きくなりますから、しょうがないですよ。それを「いやぁ、飼育下では〜」みたいにあやふやな感じにしても仕方無いし。という訳でぶっちゃけると、オスに広いスペースと潤沢な餌を与えて飼育すりゃ、200pの大台も珍しくないですよ。メスでも、まともに飼育してりゃ150pは超えて、個体によってはサラッと160pに届きます。

でも、「オオトカゲを飼う」ってのは、それを前提にするのが当然ですから!!!

これはサルバトールコンプレックス(V. salvator Complex)も同様に!!!!!

なんて、散々脅しておいて何ですが…

画像
Ornate Nile Monitor F.H. Baby

やっぱ、大きな個体の持つ魅力ってのは他に代えがたいモノもありますから、スペース、コスト、そして手間と労力を覚悟してもらえるのなら、オルナータ(V. niloticus f. ornatus )は最高のペットリザードになると思います。

と、ここで、さっきからナイルやオルナータの学名が変なの、気付かれました?

これ、学術的にどうこうってより、ナイルモニターの分子系統解析を行ったDOWELL et al. (2016)の結果を受けて、ボクが勝手にこういう学名表記にしてるだけなんですが(勿論、命名規約のルールに則ってますよ ※9/14 コメント欄をご覧下さい)、簡単に言うと意味は「〜型」ってコトです。つまり、V. niloticus f. ornatus だったら、「ナイルモニター “オルナータ型”」という感じ。そう、これまで別亜種または別種とされてきたナイルとオルナータなんですが、ザックリ言うと、これら2タクサの間に別種または別亜種とするほどの遺伝的分化は見られなかった、つまり両者は単なる“色柄違い”だったとの結果が得られたんです。まぁ、ホントは細かく説明すると更に色々あるんですが、とりあえずホビーの世界では、「オルナータはナイルの1色彩型」って感じに考えてもらえれば現状OKだと思います。

とは言っても、ホビイスト的に両者は確実に“違う”んですけどね。

って、飼い方についてなんも書いてないけど…それは別にイイか。その辺はお買い上げいただいた方や、直接ご来店いただいた方にお話しいたしますってコトで。


【参考文献】
DOWELL, S. A., D. M. Portik, V. de Buffreni, I. Ineich, E. Greenbaum, S.- O. Kolokotronis, E. R. Hekkala (2016): Molecular Data from Contemporary and Historical Collections Reveal a Complex Story of Cryptic Diversification in the Varanus (Polydaedalus ) niloticus Species Group. Molecular Phylogenetics and Evolution 94; 591-604.

他、複数


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


偶然

2016/09/07 22:43
画像
Ornate Nile Monitor F.H. Baby ※9/9 綴り間違い直しました…恥ずかしい

いやぁ、まさかアフリカの連中でこんなに盛り上がるとは思っていなかったんで、コイツは全くの偶然なんですが、実はこんなのがいたり。

まぁ、ウチはモニター(Varanus spp.)屋じゃないんで、ツマミ食いで終わりにしてもイイんですけどね。個人的にせっかく盛り上がってる所だし、この辺は分類やら地域個体群やらで言いたいコト満載の連中なので、詳しくは定休日明けにでも紹介したいと思います。

因みに、入荷はコイツ1頭のみです。

ワチャワチャ入ってたベビーん中でも一際キレイだったので…ついつい(笑)。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


カレー食べたくなる

2016/09/04 20:16
画像
Savannah Monitor “Yellow & Brick” F.H.(?) ♂

黄色繋がりで!

コイツも初出の隠し玉、サバンナモニター(Varanus exanthematics )のイエロー&ブリック。

あ、この“識別名”は相変わらずボクが勝手に付けたモノですが、この画像を見てもらえば、的を得ていない“なんちゃってネーム”じゃないのはご納得いただけますよね!? まんま、基調色がイエローで模様はブリックレッドだからイエロー&ブリックっていう。

でも、この画像は体温が少し低い状態だし、チョッと脱皮前ってのもあるから、基調色の黄色がちょっと茶色がかっちゃってるんだよなぁ。個人的にはそこが少し納得いってないかも。これが餌を食べた後で、体温がバリバリに上がってる時だったら…基調色のイエローはターメリックみたいな色調になるし、模様も赤みがもっと強いっすからね。

で、見る度にカレーが食べたくなるっていう(笑)。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 5


続きを見る

トップへ

月別リンク

はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる