アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はーぷさぷらい徒然日記
ブログ紹介
作る作ると言いつつ、全く製作が進まないホームページ代わりという訳でもありませんが、皆さんにいち早く情報をお届けできるようにと開設したブログです。新着情報から日々の出来事まで、色々と紹介していきます!
zoom RSS

ソメワケササクレヤモリ “バンデッド”

2017/01/20 23:04
画像
Paroedura picta “Banded” W.C. ♀

これで「今回買い付けた個体」に関しては最後かな?

多分、コイツが先の暗色個体(→コチラ)には一番お似合いのメスなんじゃないかと思います。ストライプとバンドの違いはありますが、パキッとハイコンで、シェブロン模様もくっきりV字。それに、明色部に模様があまり入らないのも似てるんで。

画像
Paroedura picta “Banded” W.C. ♀

ホラ、何となく感じが似てるでしょ!?

まぁ、だからって別にペアでって訳じゃないですけど、出来れば似てるヤツは似てるヤツ同士で掛けた方が、適当に揃えたペアで徒に交配するよりは楽しいと言いますか、子供に期待が出来るんじゃないかなと。こういう個体差があって、しかも個体数が選べる種類ってのは、カメ、ヘビ、トカゲ問わず、ある程度方向性を定めてブリードした方が楽しいですからね!

あと、単純に、コイツや先のオス個体の色や模様がカッコイイから、こういうのが次世代にも影響したらイイなってのもあるし。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ソメワケササクレヤモリ “ブロードバンデッド”

2017/01/18 23:14
画像
Paroedura picta “Broad Banded” W.C. ♀

細いのがいりゃあ、太いのもいます!

え!? もうソメワケ(Paroedura picta )はお腹一杯ですか?

でも、まだもうチョイ続きますから。

画像
Paroedura picta “Broad Banded” W.C. ♀

で、冒頭でも書いたように、コイツは暗色のバンドが太いタイプ…っていうと如何にもな感じですが、暗色部の幅が広いってだけなら、チョッと探しゃあ結構いるんですよね。実際、過去にウチで扱った個体でも、“ソレっぽい”のがままいましたし。でも、コイツはその幅広バンドが乱れず、綺麗なサドル(鞍掛)状になってるのがポイントで、そこが気に入って買い付けてきました。

特徴としては「それだけ?」って感じかもしれませんが、これが思いのほかインパクト強いんですよ!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ソメワケササクレヤモリ “ナローバンド”

2017/01/16 22:17
画像
Paroedura picta “Narrow Banded” W.C. ♀

んじゃま、チョッと間が開いちゃいましたけど、ソメワケササクレヤモリ(Paroedura picta )の続きをば。

コイツはバンドがパッキリクッキリ、綺麗なシェブロン(山型)模様…なだけでなく、腰んトコまで入れると6本のバンドがシャキッと並ぶのが特徴です。

画像
Paroedura picta “Narrow Banded” W.C. ♀

こんな感じで。

そして、これはバンド模様が狭くなった故なんですが、地色とバンドの色面がほぼほぼイーブンになってるのもイイでしょ!?

ストライプはブロードストライプ/ワイドストライプっていう、太い方向性に振ったモルフが既にいますけど、バンドってパターンそのものをどうこうしたモルフがまだ無いじゃないですか。なので、こういう1頭をベースにして、パッキリ細いバンドパターンなんてのを目指しても面白いかもしれませんね。

あ、それと、最初はこのパターンが面白くて目を惹いたんですけど、輸入されたてカピカピ、パッサパサの状態も脱して、本来の色艶が出てみると、思いのほかブラウンの赤みが強いし、地色のホワイトもシャキッとしてるじゃないですか。なので、これならパターンどうこう抜きにして、コーラルなんかと掛けてみても面白いんじゃないかなぁ。

あとは、成長に伴って地色のホワイト部分がどうなってくか、か。

もうそこそこな大きさだし、このままくすまずに行ってくれると嬉しいんだけど。







でも、くすむってか、暗色が染み出してきても、コーラルと掛けるコトとか考えたら、それはそれでOKなのかも。

ま、単純に、模様が面白くて、綺麗な個体ってだけでも、十二分に魅力的なんすけどね!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ソメワケササクレヤモリ “未検証フェイデッド形質”

2017/01/09 21:34
画像
Paroedura picta “Unproven Fader” W.C. ♀

そういや、暗色のソメワケ(Paroedura picta )のオスをアップした際(→コチラ)、「ソイツに合わせて似たようなメスでも連れてこようかなぁ〜」的なコト書いたじゃないですか。

うん、連れてきちゃいました。

しかも、1頭だけじゃなく4頭、それも全てとびっきりのヤツばかり!

まぁ、頭数に関しちゃ、正直やらかした感も無い訳じゃ無いんですけど(笑)、これは仕方無い。どれもそれぞれに面白い個体ばかりでしたから。ペットとして飼うにも、モルフと掛け合わせるにも、セレクトブリードでじっくりと作り込むにも、コイツラはかなりイイと思いますよ。

特にコイツ!

画像
Paroedura picta “Unproven Fader” W.C. ♀

前に紫色で全体的に朧気な発色となった個体を紹介しましたが(→コチラ)、コイツはそのブラウンバージョンと言いましょうか、実際に較べると(件のオスは店で飼い込まれているので)チョッと違うものの、この表層1枚色が乗ってない感じは結構近い印象を受けます。

それに加え、暗色バンドのブラウンも色調が変だし、頭がスコーンとピンク色に抜ける感じなんかがコイツは面白いかな。

こういう感じの個体は形質の検証も兼ねて、ゴーストやアネリなんかと掛けてみるとイイかもしれませんね。

あ、あと、それこそトランス/ブラックアイか!

とにかく、こういう非典型形質はオンリー1ですし、今回はメス単での販売が可能なので、興味のある方は是非お問い合わせ下さい。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


アルーアオジタトカゲ

2017/01/07 21:44
画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂)

新年も既に7日、今さら感が無きにしも非ずですが、明けましておめでとうございます。昨日より通常営業を再開いたしました。本年も何卒よろしくお願いいたします。

というコトで、昨年末からアップが延び延びとなってきたアルーアオジタトカゲ(Tiliqua gigas ssp. cf. keyensis )、満を持しての紹介でございます!

コイツは色調の暗い方

色みの綺麗さでは明るい方、精悍さは暗い方って感じでしょうか。とにかく、両方共にカッコイイっすわ。なんか、インドネシア連中のイイトコをギュッと集めて、そこに何とな〜くオージーのエッセンスを振りかけた…っていうのは言い過ぎかな(笑)?

でも、凄く魅力的なアオジタってのは、お分かりいただけますよね?

画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂)


画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Light Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♀)

イイ顔してんなぁ

で、そのアルー諸島産のアオジタ

いやぁ、最初は当たり前のようにアンボン(T. g. gigas )としてアップしちゃいましたけど、店からの帰り道にインドネシア−パプアニューギニア地域の地図を思い浮かべたら、アンボン島を含むバンダ諸島と今回のアオジタのオリジンであるアルー諸島の間にはケイ諸島があったのを思い出しまして、後日訂正するという体たらく。ホント、恥ずかしい限りです。でも、言い訳をさせていただけるなら、それくらい現時点でのパーツ、パーツの外部形態はアンボン寄りだったんですよ、マジで。そりゃ、ケイ(T. g. keyensis )のベビーも成体とは似ても似つかないアンボン調のバンド模様をしてますよ。してますけど、見るとやっぱしケイはケイで雰囲気が違って、区別が出来る…って、高を括ってると、今回のボクみたいに間違ったりするので、皆さんはご注意下さい(笑)。

とにかく、そんな感じでアンボンともケイとも違う異質な感じに惹かれて、ついついタイプ違いで2頭も買い付けちゃった訳ですが、うん、こりゃ買っといて良かったっす。今でも十分にカッコイイっすけど、ケイに近いのであれば、こっから成長に伴いガラッと体色が変わってくってコトでしょ!?

一体どうなるんだろ?

画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂)


画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Light Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♀)

このままのカラー/パターンも捨て難いんですけどねぇ。

そういや、ボクは今回コイツラをケイに類似した亜種不詳個体群として紹介しましたが、「アオジタ好きのバイブル」とされるHAUSHILD et al. ed (2000)/HITZ et al. ed. (2004)で、G. M. Sheaはケイの分布域にアルー諸島も含めてるじゃないですか。なので、現状だとコイツラはケイのアルー諸島個体群として扱うのが適切なのかもしれません。

ただ!

ボクはどうしても外部形態に差異というか違和感を感じるので、コイツラをケイとするのはなんか気持ち悪かったんですよ。だって、見てくれはホント、違うし! それに、そもそもケイアオジタの記載論文であるOUDEMANS (1894)ではケイ諸島のみを分布域としてたハズ。

という訳で、ここではあえて学名の表記をTiliqua gigas ssp. cf. keyensis にしてみました…って、「そんなん、どうでもイイわ」って感じすか?

でも、一応ね、徒に亜種不詳にした訳じゃないんだよってのをアピールしとかないとってコトで(笑)。

画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Light Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♀)

しかし、今回はサイズもイイですよねぇ。

産まれたてスグの危うい時期を脱して、でもチビチビの可愛さは残して、っていう丁度な大きさ。

飼育は難しくないと言われるアオジタですが、このサイズからだと、キーパーさんの手の掛け方が体型にも皮膚の質感、色艶にも如実に出るので、「飼育」というこの趣味の一番根幹の部分でも、コイツラは相当に面白いと思います。先にも書いたように、コイツラがケイに近いのであれば、成長に伴い劇的な体色変化も見せてくれるハズですし!!!


【参考文献】
HAUSCHILD, A., R Hitz, K. Henle, G. M. Shea & H. Werning (ed.) (2000): Blauzungenskinke. Beiträge zu Tiliqua und Cyclodomorphus.

HITZ, R., G. M. Shea, A. Hauschild, K. Henle & H. Werning (ed.) (2004): Blue-Tongue Skinks. Contribution to Tiliqua and Cyclodomorphus.


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


年末年始営業のお知らせ

2017/01/06 00:00
※1/6(金)まで、この記事がトップにきます。新着記事は下をご覧下さい。


【お客様各位】

年末年始の営業は以下の通りです。

12/27(火): 17:00 〜 22:00

12/28(水): 15:00 〜 22:00 年内最終営業

12/29(木): 休業

12/30(金): 休業

12/31(土): 休業(16:00から20:00くらいまでメンテナンスのため在店)

1/1(日): 休業

1/2(月): 休業(16:00から20:00くらいまでメンテナンスのため在店)

1/3(火): 休業(16:00から20:00くらいまでメンテナンスのため在店)

1/4(水): 休業

1/5(木): 休業

1/6(金): 通常営業再開


まぁ、生き物相手の商売なので、休業期間中も結構な頻度で店には来るんですけどね、一応こんな感じにさせていただきます。尚、メンテ日の時間はあくまでも目安なので、ご注意下さい。この時期はノンビリと店で作業してますから、「顔を見に行ってやるか〜」くらいの感じで遊びに来てもらえればなと。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


2016年も

2016/12/31 20:14
画像
Crested Gecko “Tricolor” U.S.A. C.B. Baby

大変お世話になりました。

相変わらずではありますが、来年も何卒よろしくお願いいたします。

来年の目標は「とっととトカゲモドキ属(Genus Eublepharis )の原稿を終了させる」でいきたいと思います!じゃないと、他に色々取り上げたいモノに手が付けられないんでね。ブラッドパイソン(Python curtus Complex)とか、いくつかネタも仕込んでありますし。

あと、もう少し売り上げが上がるとイイかなぁ…なんて(笑)。

あ、お約束のアルーアオジタ(Tiliqua gigas ssp. cf. keyensis )は今日もペンディングにさせて下さい、すいません。

その代わり、新年一発目、長文でミッシリと紹介させていただきますんで!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる