はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルーアイ

<<   作成日時 : 2009/01/19 16:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
って言われてもなぁ…。

のっけからこんな感じで何なんですが、確かに言われてみれば虹彩の一部やリムが灰青色に見えなくもないっちゃ見えなくもないけど…“ブルーアイ”ブロンドは言い過ぎですよねぇ?

まぁ、オリジネーターであるVivid Reptiles がそう言うんだから、その品種名は尊重しましょう。

ってことで、ここ数年海外のキングスネークブリーダー/ホビイスト達の間で話題に上る率結構高し!な感じのブルーアイブロンド、とうとうボクも手を出しちゃいました。前から欲しい欲しいとは思いつつ、なかなかタイミングが合わなかったんですが、やはりカリキン好きとしてはB.E.B.は“マストアイテム”でしょということで、アダルトのペアをゲット。

実物を見るまでは単なるT+アルビノ/ハイポの1バリエーションね〜くらいにしか考えてませんでしたけど、いやぁ、実際に手にとって見てみると、ミルキーな感じのパープルというかライトブラウンというか不思議な感じの基調色にパステルイエローのバンドという色彩の組み合わせにヤラレちゃいました。流石は“カリキンの聖地”、カリフォルニア州南西部に由来する色彩変異!このエリアはノーマルもメチャクチャ綺麗だけど(ヘテロも来てるので、そちらは明日にでもアップします)、それをT+/ハイポにするとこうなりますかって感じです。

品種としてのバックグラウンドをチョッと紹介しますと、オリジナルはサンディエゴ郡Elfin Forestでつかまり、その個体を先に挙げたVivid Reptilesが固定して市場に発表。で、T+/ハイポ系品種のお約束と言いますか、他の系統のT+/ハイポ(カリキンの場合はラベンダーや単にハイポと呼ばれる系統など)と交配してみた所、遺伝的に全く異なることも立証されているそうです(と某フォーラムで言ってました)。

ま、端的に言うと、「このB.E.B.という品種はVividオリジナルの系統(あ〜Vivid関係だと“メタリックラット”に関しても色々と言いたいけど…まぁ、いいか)で、従来のハイポもしくはラベンダーとは全く関係ないし、それらの別名がB.E.B.って訳でもありません」ってな感じでしょうか。勿論、他の系統と混ぜない方が良いのも言うまでもありませんよね。

今回来たペアはクーリングさせてないようなので、今シーズンのブリーディングは無理でしょうけど、ガッツリ食わせてもらえれば、来年はOKって感じです。

尚、申し訳ありませんが、雌雄セパレートして販売するつもりは全くありませんので、お問い合わせの際はそこだけご留意下さい。尚、明日アップすると言った100%ヘテロの♀(C.B.08)とのトリオ販売も可能です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブルーアイ はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる