はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ボールパイソン “パイボールド”

<<   作成日時 : 2013/07/09 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
Ball Python “Piebald” U.S.A. C.B. ♀

撮影が簡単だったんで(笑)、まずはコイツから。

ボールパイソン(Python regius)のパイボールドです。

ある意味ウチらしいような、ある意味ウチらしくないような。だって、ボクがクリーパーでボール書いてから気付くともう9年でしょ!? あの時点ですらボールパイソンクレイズ前と状況が全然違ってたのに、それから更に変わりましたからね。今ボールを飼ってる、いや殖やしてる方の中ですら、ボクがボール書いてたコトを知らない人がいても何ら不思議じゃありませんよ。

画像
Ball Python “Piebald” U.S.A. C.B. ♀

で、今回来たパイですが

まぁ、いわゆるハイホワイト系ではありません。

昔はルーシ系品種が少なかった(ってか、いなかった)ってのもあって、パイドも白勝ちのハイホワイト系に目が行ってたんですけどねぇ、やっぱしキモ系好き(笑)としては“生皮剥いちゃった感”が無くなっちゃうのは寂しいかなってコトで、最近は「いかにバランス良く模様のエリアが残るか」ってのに目がいくようになりました。

そういった点で今回の個体は直観的にピン!ときたんです。

画像
Ball Python “Piebald” U.S.A. C.B. ♀

あと残ったエリアの色合いも気に入った理由の一つだったり。

この色調、たぶんウチのオリジナルラインのパステルとも相性イイはず!

って、コイツは種親用じゃなくて販売用の個体ですから、皆さんガンガンお問い合わせ下さい。ジャストハッチじゃない、もう成体間近のメス単体の販売ですので、興味のある方はお見逃しなく!!!


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
90%パイとかよりも今回の子みたいに、ある程度模様の部分が残ってる方が好きですねぇ。
だって模様とホワイトの良い感じのバランスが、パイボールドの魅力だと思ってますから。
原田
2013/07/10 01:27
わぁ!キモカワ!キモカワー!!!
昨日は長い事すみませんでした、自重しようと思いつつ…思うだけで終わってしまう…orz
こういうキモ可愛いのすきですよねぇw自分も好きな方ですがw
パイソンとかは全く疎いのですが、コレイイナァ♪
ノーマルのパイサイドってのがGo!!さんらしいですねー。
横から見ると色の残っている部分が菱形っぽく見えて綺麗で品があります!
今度お店に伺う時にまだ居てくれていたら見せて頂こうっと♪
T田
2013/07/10 14:50
>原田さん
そうですね。一口にパイボールドと言っても、こうやってある程度のエリアでキッチリと体色部分が残るのってボア/パイソンだとボールだけですから、そこはやっぱし残したいですよね。しかも、今だとボールはチョッと気を抜くとスグに真っ白になっちゃいますし。

まぁ…ルーシがポピュラーってのも贅沢な話なんですけど(笑)。
G!!
2013/07/10 18:01
>T田さん
キモカワでしょ〜。この剥いちゃったみたいな色の残り方がボクにはたまりません(笑)。しかもボールのパイドって、この残った色の部分もイジれるんですよ!白×黒のパンダパイとか、白×黄のアルビノパイとか。それも“イジり屋”としては楽しい部分だったり。

是非、いるうちに見に来て下さい!
G!!
2013/07/10 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボールパイソン “パイボールド” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる