はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コーンスネーク “イエローブルームアネリ-A”

<<   作成日時 : 2013/10/21 22:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Corn Snake “Yellow Bloom Anerythristic-A” Herp. Supply C.B. Baby

それでは、少し間が開いてしまいましたが、2013 Herp. Supply C.B. の続きをば。

っても、今日もコーンスネーク(Pantherophis guttatus)、しかも単なるアネリスリスティック−Aですけどね。

ただ、最近よく思うんですよ、「綺麗なアネリAって見ないなぁ」って。アネリAっていうとベーシックモルフとしての歴史も長いし、スノーだのゴーストだのアネリA系人気コンボモルフを作り込んでいくにしても、その過程で必然的に出てくるじゃないですか。だからアネリAってかなりのタマ数が存在してるのに、いざ綺麗な個体っていうと…意外に見なくないですか?まぁ、一口に綺麗と言っても、個体差というか、色調にバリエーションが多いんで、どんなんが綺麗なアネリなのかってのは難しい所ではありますが、なんか単純に「コレは綺麗だねぇ」って個体をタマ数の割に見ないなと。

パターンコンボであるアネリモトリーやアネリストライプなんかは時折ビックリするような個体を見るのに。

というコトで、スノーの傍ら、アネリAの綺麗な個体ってのも……採れればイイかなぁ程度ではありますが、気に留めていたりします。

画像
Corn Snake “Yellow Bloom Anerythristic-A” Herp. Supply C.B. Baby

そこで、今年のベビー

いや、この時点だとね、大体の個体が綺麗なモノトーンをしてるんですよね。

大事なのは生後1年目以降。

これが果たしてどのように変化していくのか、それが重要なんですよね。

今年のベビーは初めての組み合わせで採れた子供なので、どんな風に変化していくか全く分からないんですが、クレジットに“Yellow Bloom”とあるように、将来的に黄色が強く全身に発色するのを狙ってみました。メス親からは何度か子供を採ってて、成長に伴って黄色が発色するのは分かってるんで、そこにオス親の独特な黄色い発色の作用が加われば、相当黄色くなると思うんですよ。

あとは全体の色調と、どんだけブロッチに“す”が入らないかだなぁ。その辺がそれなりに上手くいけば、「綺麗なアネリA」計画はかなり前進するハズ。

因みに

画像
Corn Snake “High Yellow Ghost” U.S.A. C.B. ♂

オス親はコイツ

以前ブログでも紹介した、妙に黄色いゴースト。「この黄色の出方はウルトラハイポ/ウルトラメルアネリでしょ!」なんて言われましたが、今回の交配からゴーストであるコトがキチンと立証されました。

だって

画像
Corn Snake “Neon Lime Snow” Herp. Supply C.B. ♀

メス親はコイツですからね。

オスがウルトラハイポ/ウルトラメルなら、F1はウルトラメルアネリorスノーになって、アネリAは出てこないでしょ。

そして、この組み合わせ

勘のイイ方なら、最終的なボクの狙いも読めたんじゃないですか?

そう!最終的には黄色いハイビノスノーと、オマケって訳じゃないですけど、更に黄色いゴーストが出せればなと。つまり、今回のアネリ達は「綺麗なアネリA計画」と「黄色いハイビノスノー計画」、2つのプロジェクトのための重要な布石となる訳です!

ま、とりあえずは今回の子供たちが育ってどういう仕上がりを見せるかが楽しみですね!個人的には基調色がパステル調で、そこに黄色がブワ〜ッと乗らないかなぁって思っています。ボクはモノトーンってよりも紫っぽい、色みが豊かなアネリAが好きだったりするんで。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーンスネーク “イエローブルームアネリ-A” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる