はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コーンスネーク “シンダー”

<<   作成日時 : 2014/05/06 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
Corn Snake “Cinder Cherry-picked Silver Specimen” U.S.A. C.B. ♀

数多あるコーンスネーク(Pantherophis guttatus)のベーシックモルフでもズバ抜けて“キモカッコイイ”のがコレ、シンダーです!

その見てくれと次世代以降に及ぼす影響力の強さから、人によって好き嫌いがパキッと分かれる品種ですが、オリジンもハッキリしてるし、体色や表現も独特だし、ボクはキャリコとかパイドとかが好物なんで、シンダーとそのコンボはたまらなく魅力的だったりします。大きくなるに従い中途半端に(笑)赤みが差してくるトコとか、模様に表れる独特の“かすれ”というか“ジレジレ感”はかなりキャリコチックですからね。

ソリッドグレーになる頭部なんかも、そんな感じの雰囲気持ってますし!

画像
Corn Snake “Cinder Cherry-picked Silver Specimen” U.S.A. C.B. ♀

で、今回の個体はそんなシンダーん中でも、極端に赤色の発色が少なく、全体的にシルバー調のモノトーンだったのが気に入って買い付けました。

それこそ、最初見た時なんかは「アネリシンダーとかじゃね?」って思いましたから。

まぁ、ここから成長に伴いジワジワと、あの微妙なワイン色というかパープルブラウンがブロッチや鱗のエッジ、鱗と鱗の隙間なんかに発色してきて、徐々にキャリコっぽくなっていく訳ですが、それでもコイツは結構シルバー調のまま大きくなるんじゃないかなぁって思います。しかも、色にくすみが無いんですからね、基調色はシャキッとしたシルバーで、壮絶にカッコよく仕上がるんじゃないかな。

こうなると、この形質を活かして遊んでみたくなるのが改良ヒンシャー(因みに、反対語はゲンシャー。90年代のアクアライフ読んでた方なら元ネタ分かりますよね?)の性ってヤツですよね!?

イジリ方は様々ありますが、ボクならヘテロで現れる形質も考慮して、マイアミ系品種、しかもキャンディケイン以外をチョイスするかな。多分、コイツを加えてペパーミント作ると、大きくなって赤みが弱いと思うんですよ。それはそれで、陶器のような白が綺麗かと思うんですが、やっぱしあのピンクっぽい赤色のファンシーさがペパーミントの魅力かなって感じなので、ここではあえてアメラ化を避けて、クリムゾンやハイポマイアミ使ってハイポシンダーとか、マイアミアネリと合わせてアネリシンダー、両方一篇にヤルならシルバークインゴーストあたりがイイかと思います!

それ以外だと、ある意味ド本命のチャコールとか、色みを加えるならラベンダー辺りも面白いかもしれません。

あ!

なんかコレ書いててパッと思い付いた。コイツとは全然関係ないけど、ウチのホワイトリバオケ、相方のオスに小さい時から赤み出る系のシンダーを当てても面白いかも。オケーティ/ジャスパー系にこだわってたけど、シンダーくらい違っちゃえば、それはそれで面白いかもなぁ。

チョッとシンダーのオス、考えてみよ!


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
1ヶ月程前からコーンサプライになってますね(笑)
原田
2014/05/07 14:10
>原田さん
たしかに(笑)!

諸々必要に迫られてってのもありますが、色とりどりで被写体としても撮ってて楽しいんですよ。ホラ、分かりやすいじゃないですか。赤色とか、黄色とか、紫色とか。仕上がりも派手ですし。

まぁ、最近は特にカメなんかでネタがないってのもあったんで、ちょうど良かったなってのも無きにしも非ずだったり…。
G!!
2014/05/07 17:38
こんにちは。
縁が有って、先月 自分にとって初となるコーンベビーを買い飼育してます。
コーンを気にかけだすと、イベントの楽しみが上がるような…明日のたねくらは楽しみです。

徒然日記は開始当初から拝見してますが、ホワイトリバオケにシンダーを掛けるというのは、 めっちゃおもしろそうですね!!!
キング好き
2014/05/10 08:33
>キング好きさん
なんだかんだで、ボールと並んで一番流通量の多いヘビですからね、必然的に様々な所で、それなりの数を見ると思います。それだけに選ぶ楽しみも他種より多いのではないでしょうか。

いよいよ明日はたねくらですね。

楽しんできて下さい!
G!!
2014/05/10 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーンスネーク “シンダー” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる