はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハナナガドロガメ “黄色選抜個体”

<<   作成日時 : 2014/09/05 22:33   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Tabasco Mud Turtle “Yellow Picked Specimen” W.C. ♀

久々のカメってコトで、今更感も無きにしも非ずですが、ハナナガドロガメ(Kinosternon actum)のメスをば。

最近、個人的にハナナガに関しては黄色に注目しています。

何でかっていうと、実はウチの血統のC.B.の中に、時折「どうしちゃったの?」ってくらい、育つと黄色くなる個体がいるってのを、ウチのC.B.を飼育されてる常連さんに教えてもらったからなんです。画像も送っていただいて確認したんですが、ホントに頭部には赤みがほとんど出ず、全体がパステル調の黄色に覆われているんですよ。なんか自分で殖やした個体を褒めちぎるのって痛々しい感じがしますけど、でもそのインパクトの凄さたるや……マジで驚きました!!!

これまで色調や発色の仕方なんかも含めて赤色に主体を置いて見てきましたけど、この一件以降、ボクのマイブームは完全に黄色にシフトしましたね。

というコトで、W.C.、C.B.問わず、入荷があるごとに、黄色が綺麗な個体はいないかなぁ〜と探していたんですが!

画像
Tabasco Mud Turtle “Yellow Picked Specimen” W.C. ♀

いやぁ、いましたよ、納得できる1頭が!!!

ボクのカメラは特性的に赤色を拾いやすいんですけど、それでも頭の黄色っぷりは分かっていただけるんじゃないでしょうか。

まぁ、首元や前肢のパステルオレンジは適度なアクセントになってるんで、残ってもイイかなって感じだし、まだ甲長で87mm±ってトコですからね、黄色に関しては多分成長に伴ってもっとシャキッとしてくるハズです。

画像
Tabasco Mud Turtle “Yellow Picked Specimen” W.C. ♀

これだと側面や咽喉の辺りまでバッチシ黄色いのがわかるかな?

比較対象無しに単体でポコッと紹介するんで、コレが当たり前になっちゃうのがウチの悪いトコなんですが、単にW.C.のハナナガとして見ても発色エリアが広く、色みも豊かなのは分かっていただけると思います。

というコトで、黄色系ハナナガに興味のある方は是非ともお問い合わせ下さい。

状態に関しては勿論言うコト無し、人工もしっかり食べています。

あ、そうそう!

ハナナガっちゃあ、ウチの血統のC.B.もいるんで、ソチラもよろしくお願いします。

それこそ、ボクが黄色いハナナガにハマるキッカケとなったのも、このC.B.由来の個体からですし!!!

今なら色が明るい個体と暗い個体のうちから選んでいただくコトも可能です。全体的にパステル調になる感じがお好きならば明るい個体、赤色がバシッと発色する感じがお好きでしたら暗い個体って感じでしょうか。まぁ、どちらも皮膚は全体的に明るく、発色も豊かになるのは間違いありません。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
撮れたら直近の画像を送りますね。
太陽光バリバリであの抜けようが
個人的にたまらないのです。
でも改めてみたらこのメスやっぱり良いですねぇ。。。
H
2014/09/06 17:13
>Hさん
アイツはねぇ…マジでヤバいです。太陽光に晒しているのにあの背甲の抜けとか、あの黄色とかありえませんよ。アイツのせいで、ボクの価値基準はすっかりブレブレになっちゃいましたもん。

そうなんですよねぇ、別件で話も進めてる最中なんで、こんなコト言うのも何ですが、確かにアイツにこのメスをあてたいですよねぇ。まぁ、よければなんで、チョッと考えていただければなと。
G!!
2014/09/06 19:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハナナガドロガメ “黄色選抜個体” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる