はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシシッピドロガメ

<<   作成日時 : 2015/01/09 20:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Mississippi Mud Turtle “Cherry-Picked Yellow Striped Specimen” U.S.A. C.B. Baby

一部の方々には大好評のミシシッピドロガメ(Kinosternon subrubrum hippocrepis)、今年も新年早々、素晴らしい個体をゲット出来ました!

これまでも「抜けたの」やら「黒いの」やら「産地モノ」やら、このブログでも色んなのを紹介してきましたが、今回のヤツはまたチョッと違う感じで、大きくなったら一体どうなんのか、個人的にスッゲェ興味深々だったりします。こう言うと変な誤解されそうですけど、最初コイツを見た時には「ん!? ミスジ(K. bauri)とのハイブリ?」ってマジで思いましたもん。

それくらい椎甲板や肋甲板のキールには黄色いラインがクッキリ…って、画像だとチョッと不鮮明だなぁ。

でも、実物見ていただければ「おぉ、確かに!」ってなるハズです!!!

とは言え、黄色く細かな“色抜け予備軍”のスペックルも、ボンヤリとですが、背甲各甲板に広がっていますからね。恐らく大きくなるに従って背甲の色は抜けて、この特徴的なラインも消えてしまうとは思うんですが、それでもどんだけ“抜けて”、どんだけ“明るく”なるか、見ものなんじゃないかなと。

肋甲板外縁のスポットなんかを見ても、ミスジの下手な“なんちゃって”アイボリーなんかより期待出来そうな雰囲気ありますし。

画像
Mississippi Mud Turtle “Cherry-Picked Yellow Striped Specimen” U.S.A. C.B. Baby

それと、コイツは顔から首にかけたライン模様も素晴らしいんですよ。

目の後ろや口角から走るラインが太く明瞭で黄色いのは元より、画像を拡大して見てもらうとより分かりやすいと思うんですが、吻端部背面というか、鼻っツラんトコにも目のラインの延長のように黄色の差し色が入ってるでしょ。しかも、この大きさで既に首にも細かなスペックルが散らばってるっていう。

惜しむらくは、第1椎甲板と、そこに接する左右の第1肋甲板にイレギュラーがあるんですが…こういうレベルの個体ですからね、そんなモノは本質的な問題じゃないかなって。こういう個体は「いる時、出会った時に即ゲット」しておかないと、次があるのかさえ分からないですし!!!

という訳で、今ボクはホクホクです。

あ、状態に関しては言うコト無し、人工にも餌付いている健康優良児なので、その辺はご安心下さい。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシシッピドロガメ はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる