はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS おぉぉぉぉ!

<<   作成日時 : 2015/04/24 21:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Southern White Lipped Mud Turtle “Ivory” W.C. ♂

スゲェ、何なんだコイツ!!!

いやね、何度かこのブログに登場しているミナミシロクチドロガメ(Kinosternon leucostomum postinguinale)のアイボリー。このアイボリー形質自体、ミナミではほぼ見るコトが無いんですけど…気付いたら、背甲にグレー調の黒色の染みが広がって、さながらパイドのようになりました。成長に伴い、皮膚の色が抜けて、頭部のラインからも黄色みが消えてきたので、「こりゃ、最終的にドコまで白くなんのよ?」と思っていたんですが、ここに来てコチラの予想を大きく上回る、凄まじい変化を見せてきました。

ヤバい、こりゃホントにカッコ良すぎる!!!!!

因みに、体や頭部の白みが増してきた頃の画像がコチラ

画像
Southern White Lipped Mud Turtle “Ivory” W.C. ♂

背甲はアイボリーの名前の通り、ステインの残った部分以外はソリッドにクリーム色でしょ。

実はよく見ると、黒色の元となるソバカスのような小黒点がポツポツとしているんですが、コレがここまで広がるなんて、誰も想像出来ないんじゃないでしょうか?

う〜ん、コレ、どこまで広がるのかなぁ。個人的にはこのままパイドな感じで止まって欲しいんですけど、背甲全体がこの黒色に覆われるってのも、またカッコ良くてイイかも。白い頭にアスファルトのような黒色の背甲ってヤバ過ぎですもん。

果たしてどう変化していくコトやら。

アイボリー形質というコトで言えば、キタシロクチ(K. l. leucostomum)でチビから仕上げたコトあるんで、だいたいどんな感じになるか想像出来ますが、このパイドは…如何せん初めて見ると言いますか、ドロガメにこんな形質がいるコト自体、初めて知ったので、どうなるかは分かりません。

繰り返しますが、ミナミのアイボリー自体いない(ボクが知る限り、ヨーロッパにメスが1頭いるくらいかなぁ)ってのに、“コレ”ですからねぇ、マジやば過ぎですよ。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おぉぉぉぉ! はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる