はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソメワケササクレヤモリ “ゴーストタイプ”

<<   作成日時 : 2016/06/21 21:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Proedura picta “Ghost Type” W.C. ♂

ぺろりんちょ

という訳で、今日は(…今日“も”?)ソメワケササクレヤモリ(Paroedura picta )をば。

にしても、ソメワケが盛り上がってますねぇ……ボクの周りだけ(笑)。

でも、この盛り上がりは秋海棠さんのこれまでの地道な布教活動があってこそだよなぁ。だって、盛り上がってる人達のほとんどが秋海棠ブリードのソメワケ、特にイベントに連れて来た種親達を見てますから。そりゃ、W.C.(Wild Caught=野生下採集個体)輸入されたてのイメージであの煌びやかな個体達を見たら、印象はガラッと変わりますよね。色、艶、形、ボリューム感、どれをとっても素晴らしい仕上がりで、あのバリエーションでしょ。

そりゃ、ヤラれますわ…ってか、大体にして、ボクが一番ヤラれてるし。

そしてそこへ来て、ここ近々で、何故か面白い個体が複数まとまって輸入されてきたじゃないですか、例のワイドストライプのC.B.も含めて。

うん、そんなの間近に見てたら、盛り上がらない方がオカシイ。

画像
Proedura picta “Ghost Type” W.C. ♂

で、今回紹介するのは、その秋海棠さんの代表的なモルフの1つであるゴースト、そのゴーストに近い色調をした個体です。

勿論、W.C.!

ただ、似てるっても、コイツはゴーストの白黒モノトーンってよりハイポエリスリスティック(赤色色素減退)みたいな感じで、薄っすらと赤色が残ってるせいか、なんかパステル調の不思議な色合いをしています。実はもう1頭、メスでゴーストっぽい個体もいるんですが、ソイツはもっと白黒モノトーンがハッキリしてるから、較べると結構な違いがあったり。

という訳で、もしもブリードして遊びたい方なんかは、いきなりゴーストとの交配は考えずに、まずは野生型か、あるいはザンティック(という名のT+アルビノ)やトランスみたいに、表現型が全然違うモルフなんかと掛けるコトをオススメします。

…あ、アネリなんかも外す感じで。

しっかし、今回はややこしい案件が多過ぎだなぁ。例の未検証フェイデッド個体(→コチラ)もコイツも、ブリーダーという立場で見ると、検証を兼ねて色んな方向性が考えられるだけに、「とりあえず掛けました」的な安易なブリードをした途端、収拾つかなくなりそうだもん。

でも、それがまた面白いのか(笑)!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソメワケササクレヤモリ “ゴーストタイプ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる