アドリアヌマガメ “選抜個体”

画像
Hellenic Pond Turtle “Picked High Speckled Skin Specimen” EU C.B.(?)/C.R. Young

んじゃ、コイツの詳細をば。

と!その前に!!!

まず今回入荷した一連の個体に関して言うと、入荷時のインフォは単に飼育下繁殖(Captive Bred: C.B.)のヨーロッパポンドタートル(Emys orbicularis )でした。

ただ、シッパー/輸出業者の国を聞いたらスロベニアで、入荷した個体は総じて黒色ベースにコントラストの強い黄色の放射柄。咽喉と腹甲も黄色ベースじゃないですか。それなら、ほぼほぼヘレニック…じゃなくて、アドリアヌマガメ(E. o. hellenica )で間違い無いよなと。

画像
Hellenic Pond Turtle “Picked High Speckled Skin Specimen” EU C.B.(?)/C.R. Young

まぁ、スロベニアから輸出されたからってスロベニア産という訳では無いんですけどね。

でも、元々ヨーロッパポンドはスロベニアの地のカメなんだから、買い付けたブリーダーも同国、もしくは近隣の周辺国であろうコトは想像に易いでしょ。そうすっと、その辺にいるヨーロッパポンドはアドリアかキボシ(E. o. orbicularis )の西部個体群のどっちか。

それでこの見てくれなら…ね!

しっかし、綺麗でしょ!?

今回入荷した個体は流石C.B.と言いますか、平均点がかなり高く、中には黒地に黄色の細かなスペックルが密に入る背甲のヤツや、地と模様のコントラストは弱いものの、背甲が全体的に明るくて黄色みが強く出てるヤツなんかもいましたからね。綺麗なヨーロッパを探している方はあちこちチェックした方がイイと思います。

大きさも背甲長で80~90mmと、飼育しやすさと可愛さのバランスが一番イイ感じですし。

画像
Hellenic Pond Turtle “Picked High Speckled Skin Specimen” EU C.B.(?)/C.R. Young

そして、コイツはその大きさで、このスペックルっぷり!

ヨーロッパポンドは大きくなるにつれて四肢のスポットやスペックルが増えてくる感じなんで、コレ、成体になった時はどうなんのかなぁ? 画像では上手く写せなかったんですが、肩口や鼠蹊部の皮膚もベトッと黄色が覆ってますからね、相当派手なというか黄色い感じに仕上がりそう。

あ、それと

コイツがアドリアにしろ、キボシの西部個体群にしろ、数年前に入荷した典型的なキボシよりは最終的にサイズはコンパクトに収まると思います。飼育下なら150~160mmいくかなって感じかな。 なので、室内飼育でも90㎝水槽とかで十分楽しんでもらえるハズです。

綺麗で、大きさも手頃で、寒さに強くて、室内飼育も手軽に出来る、ホントにイイカメなんで、カメが好きな方は先入観を取っ払って見てみて下さい。

因みに、ウチは画像のコイツ1頭のみの入荷です。


【参考文献】
FRITZ, U. et al. (2004): When Turtle Distribution Tells European History: mtDNA Haplotypes of Emys orbicularis Reflect in Germany Former Division by the Iron Curtain. Biologia 59 (Supplement 14); 19-25.

FRITZ, U. et al. (2007): Mitochondrial Phylogeography of European Pond Turtle (Emys orbicularis, Emys trinacris )- an update. Amphibia-Reptilia 28 (2007); 418-426.

FRITZ, U. et al. (2009): Mitochondrial Diversity of European Pond Turtles (Emys orbicularis ) in Anatolia and the Ponto-Caspian Region: Multiple Old Refuges, Hotspot of Extant Diversification and Critically Endangered Endemics. Organisms, Diversity & Evolution 9 (2009); 100–114.

LENK, P. et al. (1999): Mitochondrial Phylogeography of the European Pond Turtle, Emys orbicularis (Linnaeus, 1758). Molecular Ecology 8; 1911-1922.

安川 (2010): ヌマガメ亜科の分類と自然史(後編). クリーパー №52; 4-12, 18-53.


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック