2021年4月18日 新入荷

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

4月18日までの新入荷です。今回はボールパイソン (Python regius ) とウェスタンホグノーズ (Heterodon nasicus ) で“ウチらしい”個体がきています!

【カメ】
カブトニオイガメ “W.C. トリオ” W.C. ♂/♀/♀
アメリカでの野外捕獲大型個体輸出禁止を受けて、すっかり貴重品になってしまいましたね。購入欲を無駄に煽る訳ではないのですが、カメはW.C. (Wild Caught:野生下採集) とC.B. (Captive Bred:飼育下繁殖) で成長後のフォルムに差が出やすいため、ワイルド特有の“あの感じ”を味わうには、やっぱW.C.の個体を入手するしかないんですよねぇ。飼育愛好家としては悔しい限りなんですが…。今回の個体達は単にワイルドってだけでなく、ボクが扱うカブトですから、色・柄共に厳選された個体達です。更に、日本で飼い込まれていたモノなので日本の室内飼育にも馴化し、人工飼料も良く食べています。

ホオアカドロガメ C.B. ♀
幼体からの飼い込みで、そろそろブリードもOKといったサイズでしょうか。今はそうでもないんですけど、幼体ん時は真っ赤だったんで、ポテンシャルは抜群です。綺麗なホオアカを殖やしたい方は是非!


【ヤモリ】
レオパードゲッコー “マックスノーRAPTOR” C.B. ヤング
実は…このRAPTORこそ、ボクが“レオパアレルギー”を発症した元凶なんですけど (笑)、最近は表現の不安定感というか、曖昧さみたいなのも「そういうモンなんだな」って理解出来るようになりました。「その不安定感・個体の表現を楽しめばイイじゃん」って。今回のRAPTOR 達に関しても、“P”の部分の表現にバラツキが見られるんですが、それが個性として面白かったから買い付けてみました。マックスノーRAPTOR の方は全身が水玉のような大柄のブチブチに覆われてて、そこがキモ可愛いなぁと(笑)。

レオパードゲッコー “スーパーRAPTOR” C.B. ヤング
スーパーRAPTOR ってのはスーパー「マックスノー」RAPTOR のコトなんですね、なるほど。食わず嫌いせず、実際にちゃんとイジると理解出来るし、覚えますね。何とも言えないピンクとホワイトの体色に、ターミネーターアイっていうんですか? 黒い虹彩にルビーレッドの瞳が不気味でカッコイイです!!! ただ…“P”の表現を見るに、コイツはスーパーRAPTOR じゃなく、トレンパーアルビノギャラクシーなのかも。まぁ、その辺も納得して買ってるからイイんですけど、一応ね。でも、個人的には真っ白になるよりも、コッチの方が“スーパーマック感”がしっかり感じられて好きです。


【ヘビ】
ボールパイソン “ノーマル?” C.B. ※以下、ボールは性別をメモしてくるの忘れたんで、後ほど(笑)
なんかねぇ……色んなトコに色んな痕跡があって、素直にノーマルと思えないんですよ。C.B.なんですけどねぇ。なので、連れて来ちゃいました。まぁ、その辺の“アレコレ”はお店に来てお聞き下さい。モルフハントに精通した方なら、ボクが感じた違和感を一発でお分かりいただけるハズです。それくらい“アレな感じ”なんで。

ボールパイソン “ピンストライプ+α?” C.B.
コイツも同じく。もうね、オレンジの発色というか、パターンの色みが変。下半身とかブラウンとオレンジの明暗2トーンになってるし。しかも、ピンストライプとしての完成度が高いのがまたニクイ (笑)。

ボールパイソン “パステル (右目欠損)” C.B.
スッゲェ綺麗なパステルなんですけど、右目が生まれつき欠損してるんですよ。でも、餌食いには全く影響してないようだからイイかなって。とにかく、ボクが見て素直にスゲェって思うレベルの個体です。名ばかりのネームドパステルじゃとても太刀打ち出来ないレベル。

ボールパイソン “レッサープラチナ” C.B.
来ました! コイツはレッサーじゃなく、レッサー“プラチナ”としっかり呼んでやりたい!!! もう、そういうレベルの個体です。モハベ、レッサー、バターは初期からずーっと見続けてる分、やっぱ表現にこだわっちゃうんですよ。で、レッサーにはプラチナの名前の通り、白さを求める訳ですが…うん、満足です。久々に渾身の一頭って感じがします。

ボールパイソン “キラークイーンビー” C.B.
で、そんなパステルとレッサープラチナがスパイダーとコンボになると、そりゃ壮絶になりますよね。キラークイーンビーはスーパーパステル+レッサープラチナ+スパイダーのコンボなんですが、今回の個体は頭の“抜け”も含め、パターンが真っ白です。惜しむらくは尾先がほんの僅かに曲がってるトコですが、パッと見だと言われなきゃ分かんないレベルだから、そこまで気にならなと思います。ってか、とにもかくにも模様と色の素晴らしさに目が行っちゃうと思います(笑)。

ウェスタンホグノーズスネーク (ヘテロアザンティック) C.B. ♂/♀
ノーマルですが、ヘテロアザンのおまけ付き! 雌雄揃っているので、ペアでお買い上げいただければ、次世代でアザンティックが狙えます。シシバナはその可愛さ故ゆえ、ノーマルの人気が高いですから、探していた方はお早めに。

ウェスタンホグノーズスネーク “ハイコントラストレッドコンダ (ヘテロアザンティック)” C.B. ♂
今回の個人的なヒットかもしれません。明るくてクリアなサンドベージュのベースに、ボルドーワインのような深い赤色をしたブロッチが並ぶアナコンダ。通常の赤系アナコンダと印象が異なり、赤白パキッと分かれる感じが面白いです。黒目ですけど、コーンスネーク (Pantherophis guttatus ) のキャンディケインみたいな感じといいますか。他の人とは少し違う方向性を求める方には面白いんじゃないでしょうか。

ウェスタンホグノーズスネーク “スーパーコンダ” C.B. ♀
頭部以外、全ての模様が消失するスーパーアナコンダ。完成度が高い個体のインパクトは言うまでもありませんね。コイツはアレコレ書くよりも実物を見ていただくのが一番かもです。

アオダイショウ “ストライプ” C.B.
アオダイショウのストライプ・パターンレスってメタリック感があって綺麗ですよね。コイツは緑系のグレーに赤銅色のストライプが入るタイプ。顕性ヘテロかな? 大きくなるにしたがって益々綺麗になりそうです。

アオダイショウ “アルビノ” C.B. ♀
ホントはペアでいたんですけど、オスは一瞬で新しいオーナー様が決まりました。頭部を中心に黄色が強く発色する系統のようで、幼体の時からいきなり黄色みが強いですね。単純に綺麗というか、黄色好きには堪りません(笑)。せっかくのメス単での販売機会ですので、お探しの方はメール・DMにてまずご連絡を。

アオダイショウ “ストライプアルビノ” C.B.
おぅふ…脱皮前。でも、綺麗になりそうなのが伝わってきます。まぁ、脱皮したら改めてレビューを書こうかと思いますが、それまで残ってるかなぁ?


今回はこんな感じです。とにかく、ボールのノーマル?を含めたベーシック連中がヤバイですから、気になる方は是非お店に足をお運び下さい。コイツラを見て貰えれば、ボクが日頃から言っている「ベーシックこそ」の言葉の意味がお分かりいただけるハズです。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問は当面のあいだメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) にてお尋ね下さい。Twitter をご利用の方はハープサプライアカウント ( https://twitter.com/HerpSupply ) へのDM でも対応可能です。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

VISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover の各種クレジットカードがご利用いただけます。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ご来店の際にはマスクの着用をお願い致します。マスクをお忘れの方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも構いません。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
店内が混みあった際には入場を制限し、外でお待ちいただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント